保険相談サロンFLP/ショップニュース

2021年5月31日

終身保険の相続税上のメリット活用した相続対策


ここでは終身保険を活用した相続対策について紹介します。

〇相続税とは

相続税とは、ある人が亡くなった場合に、その人が残した財産を相続等によって取得した時にかかる税金のことです。
亡くなった人のことを「被相続人」、相続により財産を取得する人を「相続人」といいます。


〇相続税対策とは

相続税の対策とはどういう対策なのでしょうか。一言でいうと、基礎控除額を超えないように「資産を減らす」か「評価額を下げる」という対策になります。
中でも、生命保険は「評価額を下げる」対策として有効です。



〇生命保険を活用して相続財産の評価額を下げる

生命保険の場合、相続税上のメリットがあります。
現金などで置いておくとそのまま相続税が課税されますが、生命保険には「死亡保険金の相続税非課税限度額」という非課税枠があります。
これは、被相続人が死亡したことによって取得する生命保険金のうち、被相続人が保険料を負担したものは、「500万円×法定相続人の数」の金額まで非課税となるというものです。

〇終身保険で財産を確実に分ける

また、現金であれば遺族間で分割についてもめる可能性がありますが、生命保険であればそういったリスクを回避することもできます。
なぜなら、死亡保険金は受取人固有の財産であるため、遺産分割協議の対象外となるからです。
特定の相続人を受取人に設定し、任意の金額を保険金額とした終身保険に加入しておけば、分割でもめることもなく、財産を確実に残すことができます。

2021年5月24日

子どもには医療保険って必要?自治体の医療助成制度で十分?


生活や家を守るお父さん、お母さんには、その家庭ごとに必要な保障・保険というものがあります。
では、子どもに対して保険は必要なのでしょうか。

〇自治体による医療助成制度

各区市町村には、子どものための医療費助成制度があります。
内容は、それぞれの自治体によって異なりますが、健康保険制度を利用した場合、医療費の自己負担分が助成されるというものです。
ですので、子どもにはある程度の公的な保障があるということになります。

〇子どもの保険は不要?

医療費助成制度があるので、保険は不要かというと、そうとも言い切れません。
実際に何かあった時、自治体の助成制度ではカバーできない費用もあります。
健康保険の対象外の費用(個室を利用した時にかかる差額ベッド代や先進医療)や、通院する際の交通費、自宅から遠い病院への入院だった場合に付き添う方の宿泊費などがそれにあたります。
また、現在は助成制度で守られていても、将来大人になった時、幼少期に大病を患ってしまっていると、 保険に加入しづらくなる場合もあります。

〇安心代としての保険

実際に、保険の給付金が必要となるケースはそれほど多くはないかもしれません。
ただ、将来的に保険に加入しづらい状況になる可能性や、健康保険対象外となる費用を考えると、保険料も安い若いうちにお守りとして医療保険に加入するのも一つの方法です。


2021年5月17日

保険の満期がきたら、更新すべき?見直すべき?


保険に加入してから十年以上経過し、ある日突然『更新のお知らせ』が届いて驚かれる方が多いのではないでしょうか?
更新後の高くなる保険料を見て、慌てて見直しを考える・・・といったケースがよく見られます。

〇保障が今の時代に合っているか?

更新型タイプの保険には10年、15年、20年といった期間がありますが、
10年の月日が経つと世間が様変わりするように、10年前は最新の保険商品でも、今ではもう古いという事が保険にも起こることがあります。
特に医療保険の分野では医療技術、公的医療保険制度などが時代とともに変化しますのでその時代に合った新しい医療保険が発売されています。

〇本当にライフプランに合ったものを

定期的に訪れる更新手続きを面倒に感じて、安易に更新をする方もいます。
しかし、保険の更新時期が来たら、保険のについて考えることをお勧めします。
次の更新までの期間、自分のライフプランがどの様に変化するかを考えて、今の保険を更新するか、見直すかを決めていきましょう。


2021年5月10日

三大疾病(がん・心疾患・脳卒中)はどういう病気?


三大疾病とは、「がん(悪性新生物)」「心疾患(急性心筋梗塞)」「脳卒中」の3つの病気のことをいいます。



〇がんとは

がんは、体のなかで発生したがん細胞が体に害を与える病気です。
人間の体は約60兆個の細胞でできているといわれます。細胞は古くなると死滅しますが、
同時に細胞分裂によって新しい細胞が生まれます。
その中で突然変異や何らかの原因でがん細胞が発生してしまうことがあります。

正常細胞は、体や周囲の状態に応じて、増えたり、増えることをやめたりします。
一方、がん細胞は、体や周囲の状況を無視して増え続けるので、周囲の大切な組織を圧迫したり、壊したり、機能障害を引き起こします。

また、がん細胞は血液やリンパ液にのって体のあちこちにひろがってしまいます(転移)。

代表的なものでいえば「胃がん」「大腸がん」「乳がん」「子宮がん」などが挙げられます。


〇心疾患(急性心筋梗塞)とは

心疾患とは心臓に起こる病気の総称です。心疾患のなかでも深刻なのが「急性心筋梗塞」です。

急性心筋梗塞とは、心臓の筋肉に血液を供給している血管(冠動脈)が動脈硬化などにより狭くなり、血流が妨げられることにより、心臓の筋肉が血液不足になり、激しい発作(胸痛)が起こり、最終的に心臓が壊死してしまう病気です。

発作が治まった場合でも、心臓の細胞はほとんど再生しないため、心臓の収縮、拡張が弱くなったり、心拍のリズムが乱れやすくなったりするなどの後遺症が残ります。

(出典)一般社団法人 日本生活習慣病予防協会ホームページ


〇脳卒中(脳血管疾患)とは

脳卒中とは正式な病名ではなく、脳の血管の障害によって引き起こされる様々な病気(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など)を総称した呼び方です。

片側の手足の麻痺やしびれ、呂律が回らない、激しい頭痛、意識の混濁等の症状が突然起こるのが特徴です。

脳出血:脳の中の血管が破れて出血してしまう病気

くも膜下出血:脳の表面の血管にできた動脈瘤が破裂してしまう病気(激しい頭痛や吐き気が特徴)

脳梗塞:脳の血管が詰まって、その先の脳組織が死んでしまう病気

脳卒中は、後遺症が残ることがあり、発生した箇所に応じて現れる後遺症は変わってきます。

例えば、運動機能を司る部位がダメージを受ければ手足を動かすことが難しくなりますし、言語機能を司る部位がダメージを受ければ言葉がうまく喋れなくなります。

そして、認知機能を司る部位がダメージを受ければ、認知症のような症状が現れることもあります。

2021年5月3日

相続における生命保険の4つの活用メリット


生命保険の特徴
遺産分割協議は相続人全員の合意がなければ遺産分割が完了しませんが、生命保険金は、受取人固有の財産であるため、遺産分割協議の対象外となります。

また、原則として生命保険金は特別受益にも該当しません。
この、「遺産分割協議の対象外」ということによって下記のようなメリットがあります。


(1)特定のひとに確実に生命保険金を残せる
生命保険は受取人を設定することで、特定の相続人に特定の金額の保険金を確実に残すことができます。
特定の相続人に多く残したいときなど有効です。


(2)相続発生後すぐに現金化できる
生命保険の保険金であれば受取人が書類を用意するだけで通常1週間程度で受け取ることができます。
一方、相続財産は、相続人全員の共有財産として遺産分割協議が終わるまで凍結されてしまいます。


(3)生命保険金を納税資金・代償金として活用できる
生命保険の保険金は受取人の固有の財産として自由に処分することができますので、確実に納税資金を準備することができます。
また、代償分割の際の代償金として使用することも可能です。


(4)相続を放棄しても生命保険金は受け取れる
生命保険金は、受取人固有の財産であるため、遺産分割協議の対象外となります。したがって、相続を放棄しても生命保険金は受け取ることができます。



保険相談サロンFLPでは、無料で税理士や相続診断士に相談できる「あんしん相続サポート」というサービスを行っています。

2021年4月21日

がんにかかってしまう原因はなに?


〇がんの原因は?
がんの原因の多くはたばこや飲酒、食事などの日常の生活習慣にかかわるものだとわかっています。

2005 年に発生した日本人のがんの原因のうち、男性では喫煙・受動喫煙(30%)、感染(23%)、飲酒(9%)、女性では感染(18%)、喫煙・受動喫煙(5%)、飲酒(3%)が上位を占めていたと推定されます。

(出典)がん研究振興財団 がんを防ぐための新12か条


〇がんの原因となりやすい部位

がんには部位別になりやすい原因というものがあります。良く耳にするのは「喫煙は肺がんになるリスクを高める」というものです。

他にも食生活や細菌の感染等も特定のがんのリスクを高めることがわかっています。


〇生活習慣の改善を

喫煙、飲酒、食生活の乱れ、運動不足といった日常の生活習慣ががんのリスクを高めてしまいます。

食事はバランスよく、飲酒は適度に、積極的な運動をするなど、生活習慣の改善を図ってがんの予防をしていきましょう。

〇いざというときのためのがん保険

がんになってしまったとき、治療費などの経済的な負担をカバーするのががん保険です。
保険相談サロンFLPでは、無料で何度でもがん保険の相談をすることができます。
ぜひお気軽にご相談ください。

2021年4月12日

同じ保険商品はどこで加入しても同じ保険料?


保険は様々な窓口から加入することができます。
同じ保険商品はどこで加入しても同じ保険料なのでしょうか。

〇同じ保険商品であればどこから加入しても同じ保険料

保険商品は法律により値引き等が禁じられているので同じ保険商品であれば
どこから加入しても同じ保険料になります。
保険会社の営業パーソンから加入しても、保険代理店から加入しても保険料は同じなのです。


〇どこから加入するか

生命保険会社が破綻した場合、補償されるのは責任準備金の90%までが補償されます。
保険商品はどこで加入・契約しても保険料は変わらないので、
自分に合った加入窓口を選ぶことが大切になります。

ここでは保険の加入窓口を検討するうえでのポイントを見ていきましょう。
・相談するスタッフ(知識経験、人柄)
・相談場所(自宅に訪問してくれる/店舗にいく)
・取扱い保険会社数
・アフターフォロー

保険は加入してからも給付手続きや住所変更といったアフターフォローの必要な商品です。
ライフイベントがあれば保険の見直しも必要になります。
加入時だけでなく、その後も考えて自分に合った加入窓口を選びたいものです。
当店はご相談何度でも無料となっておりますので是非お気軽にご相談ください。

2021年4月5日

なぜ保険料は年齢によって違うの?


保険料は年齢によって保険料が決まります。
なぜ若い人の方が保険料が安いのでしょうか。

〇かつての保険料のしくみ

生命保険制度が始まったばかりのときには年齢によって保険料に差がありませんでした。
若い人も老人も同じだけ負担していたのです。
そのために老人は若い人よりも死亡率が高いので早く保険金が支払われ、
若い人は保険料を払うだけ、といった不公平が起こり、保険運営そのものがうまくいきませんでした。


〇現在の保険料のしくみ

現在の生命保険制度ではかつての不公平を解消するため、
統計に基づいて年齢、性別に応じた保険料を算出し、公平に助けあう制度にしています。
年齢だけでなく、性別でも保険料が違うのは性別によって寿命が違うからです。


〇定期保険は更新時の年齢で保険料が決まる

定期保険は5年や10年という一定期間ごとに更新があり、更新時の年齢で保険料が決まります。
つまり、「更新のたびに保険料が上がる」ということを知っておきましょう。

2021年3月29日

持病がある場合って生命保険や医療保険って入れる?


持病がある場合でも保険に入れないわけではありません。
持病がある場合の保険加入、持病がある方向けの保険商品をみていきましょう。

〇持病がある方の保険加入

持病があるからといって保険に入れないわけではありません。
一般的に、持病がある場合は保険に加入できない場合や、加入できても割増保険料や条件がついてしまうことがあります。
それは持病がある方は(持病の種類や程度によりますが)病気や死亡のリスクが高いためです。


〇持病がある方のための商品もある

持病がある方のために、健康状態の告知内容を限定することで、持病や過去に病気をしたことのある人でも加入しやすくした 「緩和型」の保険(緩和型医療保険、緩和型終身保険)があります。
また、健康状態の告知の必要がない「無選択型」の保険(無選択型医療保険、無選択型終身保険)もあります。 健康状態の告知が必要ないので持病があっても加入することができます。

「緩和型」や「無選択型」の保険は一般の保険に比べると保険料が割高になっていたり、保障の制限がついていたりします。


一般の保険と「緩和型」や「無選択型」。自分の健康状態によってどのタイプがいいかはぜひお気軽にご相談下さい。

2021年3月25日

保険が失効して保障がなくなる?復活するにはどうしたらいい?


保険の効力が切れてしまう失効。大切な保障が切れてしまわないようにどうしたらいいのでしょうか。
また、失効してしまったらどうしたらいいのでしょうか。


〇保険の失効とは

保険料の支払いが滞ってしまった場合、一定の猶予期間を過ぎても保険料の支払いがない場合、保険が失効してしまいます。
保険が失効した場合、保険は効力を失います。
つまり入院や死亡などの給付対象の事故が起きても保険金の給付を受けられないということです。


〇保険が失効しても復活できる

通常3年以内(保険会社によって異なります)であれば失効してしまった保険を有効にさせる(復活させる)ことができます。
そのためには滞納していた保険料をまとめて払い込むことと、健康状態の告知(診査)が必要になります。
失効したときに、加入時にはなかった持病があると復活できないことがありますので、
失効には非常に注意が必要です。