小粋/ショップニュース

2018年8月15日

中秋の名月


本日は8月15日ですので旧暦で十五夜です。


またの名を「中秋の名月」とも言います。


中秋とは、7月・8月・9月の中間にあたる8月のことです。


今回のご紹介は、中秋の名月にちなみまして、お月見柄のてぬぐいをご紹介致します。


 


お月見の宴 ¥1,200+税


 


十五夜とは旧暦の毎月15日のことですが、一般的には旧暦での8月15日のことを指します。


十五夜は、毎月あるのになぜ8月15日が一般的と言われているのでしょうか。


それは、月がとても美しく見え、お月見をするのに最も適している日だからだそうですよ。


旧暦の日付は、新暦に直すとずれが生じる為、毎年日付が違います。


今年、2018年は9月24日の月曜日だそうですよ。


 


 


 

額装 月見 ¥1,500+税


 


お月見では、月の神様をお招きする「依り代」(よりしろ)として、ススキが供えられます。


ススキには、他に魔除け効果もあります。


お月見後にお供えしていたススキを軒先に吊るすことによって、一年間病気をしないという言い伝えもあります。


今年は猛暑により、体調が芳しくない方が多いと思われますので、是非実践してみてはいかがでしょうか。


17日からは限定のお月見柄のてぬぐいを販売いたします。


また、それと同時にお店のディスプレイもお月見に替わりますので、よろしければご覧くださいませ。


 


なお、紹介した商品は数量限定の為、なくなり次第終了です。


スタッフ一同、心よりお待ち申し上げます。

2018年8月13日

お盆


本日からお盆が始まります。


お墓参りなどで帰省をされる方もたくさんいらっしゃると思います。


本日は、お盆のお供えに関係する柄の商品をご紹介致します。


お供えに関する豆知識もご一緒に紹介致します。


 


左のてぬぐい: ¥1,000+税


右:おいしい風呂敷 りんご ¥600+税


下に敷いているてぬぐい:菊づくし ¥1,100+税(新柄)


 


果物のお供えは定番だと思いますが、今回紹介している桃やりんごのような丸い形のものが良いとされています。


丸いもの=円=縁となるため、切らずにそのままお供えするのがベストだそうです。


また、仏花として使用される菊は、邪気を祓うという意味があるそうですよ。


 


 


 

南部鉄箸置き 茄子 ¥600+税


おいしい風呂敷 きゅうり ¥600+税


 


お盆期間に、茄子ときゅうりに4本の割り箸が刺さったものを見たことがございますか。


あれらは2つで1対で、合わせて精霊馬(しょうりょううま)と呼ばれています。


お盆の時期に、ご先祖様が移動に使われるものです。


あの世からこの世に来られるときには、一刻でも早く帰ってこれるように足の速いきゅうりでできた馬を使用します。


反対に戻られるときには、少しでもゆっくり戻ってほしいので、足の遅い茄子でできた牛を使用します。


ご先祖様への気遣いを見せる、日本ならではの風習ですね。


 


なお、紹介した商品は数量限定の為、なくなり次第終了です。


スタッフ一同、心よりお待ち申し上げます。

2018年8月10日

山の日


明日、8月11日は山の日です。


山の日は2016年に制定された国民の祝日です。


山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝するという趣旨とのことです。


そこで、今回は登山に関連した商品をご紹介いたします。


 


登山手習帳 ¥1,000+税


 


こちらのてぬぐいは、登山での専門用語などを紹介して描いております。


ユニークなデザインで観賞用としてもおすすめですが、登山の際に首に巻いたりなど汗拭きとして利用しつつ、心得帳としても活用できます。


 


 


 

手拭いしずくよけ 各¥1,000+税


左:葡萄つなぎグレー  右:柚子づくし


背景のてぬぐい:富士に紅葉 ¥1200+税


 


しずくよけは、ペットボトルの水滴の出やすい今の季節におすすめの商品です。


てぬぐい生地の吸水性と速乾性を最大限に活かして、カバンの中やレジャーシートが濡れるのを防ぎます。


そのままで500ml、半分程ひっくり返していただくと350mlにご利用いただけます。


同じ大きさのコップにも使えますよ。


 


 


 

季節のおいしい風呂敷 各600+税


お弁当包み:くり


背景の風呂敷


左:さつまいも(新柄)  右:かき


 


こちらの風呂敷は50cm×50cmでちょうどお弁当が包めるくらいのサイズです。


今回紹介している3柄は、秋から冬にかけて美味しい食べ物を、素朴な文様にしました。


大自然の中で、秋の実りをお弁当の包みでも楽しんでください。


 


なお、紹介した商品は数量限定の為、なくなり次第終了です。


スタッフ一同、心よりお待ち申し上げます。

2018年8月7日

ブックカバーてぬぐい


○○の秋といえば、何が思い浮かぶでしょうか。


食欲の秋、芸術の秋、スポーツの秋…と色々ございますね。


今回ご紹介する商品は、読書の秋に深く関係しております。


 


ブックカバーてぬぐい 各¥1,200+税


 上から 温泉猿  森のふくろう  里山の化け狸


 


こちらは今年登場致しました新商品です。


ブックカバーたたみをすると、かわいらしい動物の表情を楽しめるてぬぐいです。


ふくろうは哲学の象徴とされ、「森の哲学者」とも呼ばれます。


そのため、本ともよく組み合わせて描かれることが多く、ブックカバーにもピッタリです。


 


 


 

ブックカバーのたたみ方は、上の写真の通りに折っていただければ完成いたします。


本のサイズは、


・文庫本(A6判 105×148)


・単行本(B6判 128×182)


以上の2種類のものが、対応しております。


また、下の写真のように本の持ち方を変えてみたり、ティッシュボックス包み等にすることで、さらにユニークな表情を見せてくれます。


動物好きや読書好きな方への贈り物にもおすすめです。


 


なお、紹介した商品は数量限定の為、なくなり次第終了です。


スタッフ一同、心よりお待ち申し上げます。

2018年8月3日

秋柄発売!


7月いっぱいまで続くと言われていた猛暑ですが、8月もまだまだ続くとのことでげんなりされている方も多いのではないでしょうか。


さて、当店では本日からてぬぐいや雑貨の秋柄が発売致しました。


秋を先取りして、心だけでも涼しくなってください。


 


新柄:焼き芋 ¥1,100+税


新柄:稲穂 ¥1,100+税


下に敷いているてぬぐい


新柄:柚子づくし ¥1,000+税


 


秋と言えば、「食欲の秋」や「豊穣の秋」など食べ物のイメージが多いですね。


こちらの食べ物柄3枚はすべて今年の新柄です。


中でも、稲穂は日本の「開運」の原点とも言われています。


ご縁と金運の開運硬貨の「五円玉」にもモチーフとして描かれており、古くから様々な形で、繁栄発展と関わりの深い食べ物です。


また、暦に毎月ある「一粒万倍日」という、吉日の一粒は「稲」のことだそうですので、いわれも良く贈り物としてもおすすめです。


 


 


 

秋の花ギフト ¥6,200+税(箱代込)


キンモクセイづくし ¥1,200+税


額装 萩花 ¥1,200+税


菊づくし ¥1,100+税


秋草桔梗 ¥1,200+税


いろどり秋草 ¥1,200+税


和紙箱大 ¥300+税


ギフト用に箱詰めも承っております。


てぬぐい2~3枚が入る箱は、簡単な組み立て式のお箱¥100+税、和紙でできたお箱¥200+税です。


写真のようにてぬぐいが3枚以上入るお箱ですと、¥300+税で和紙でできているものです。


秋柄てぬぐいを詰め合わせて、残暑お見舞いとして贈り物にされるのはいかがでしょうか。


 


なお、紹介した商品は数量限定の為、なくなり次第終了です。


スタッフ一同、心よりお待ち申し上げます。

2018年7月30日

夏の風物詩 怪談


雨も混じってジメジメとした暑さが続きますね。


こんな時は怪談を聴いて楽しみませんか。


怪談は昔から人気で四谷怪談などが有名ですね。


世間に浸透した理由は歌舞伎の演目で使用されていたからです。浮世絵でもよく見かけますね。


特にテレビや携帯がない時代は娯楽が少なく、お盆に「盆歌舞伎」「盆狂言」と言った霊を鎮魂する意味もあったそうです。


盆踊りも鎮魂の意味があったと言われています。


今では怪談は夏の風物詩となり、最近では怪談観覧車が人気スポットにもなっています。


上記画像


夏てぬぐい ガイコツの宴¥1.800- 団扇に露芝紺¥1.000- おばけ屋敷¥1.000-


定番てぬぐい ガイコツ¥900- 額装蛍¥1.500- 蝙蝠小¥1.100-   和傘¥1.100-(背景使用)


ガイコツの他にお化けや涼しさを感じるてぬぐいです。


楽しいお化けてぬぐいで夏の風物詩にひとつ加えてみませんか。

上記画像


Hey!怪談ギフト¥6.300-(箱代込)


夏てぬぐい ガイコツの宴¥1.800- おばけ屋敷¥1.000-


定番てぬぐい 日月飛雲¥1.100- 和傘¥1.100- 大名行列¥1.000- 


和紙箱大¥300-


2枚~お箱詰めできます。


男性向けのように感じますが怪談好きや落ち着いた青系・黒系が好きな女性にもおすすめなギフトです。


 


スタッフ一同、心よりお待ち申し上げます。

2018年7月29日

着物ギフト


台風は過ぎましたがこれからまた、暑い日がやってきそうですね。


 今回は海外ギフトや結婚祝いにも万能な着物ギフトをいくつかご紹介致します。


上記画像


夫婦着物箸ギフト¥6.200-(箱代込)


夏てぬぐい 新柄海の生きもの¥1.100- 明け朝顔紅¥1.000- おばけ屋敷¥1.000-


wafu各¥600- みずわ紅色 みずわ濃紺


箸 食洗八角宵桜中¥800- 食洗八角宵桜大¥800-


和紙箱大¥300- 


てぬぐいを3枚、ハンカチ2枚、箸2点使用しており、店内のギフトの中でも上位の華やかな箱詰めで特に結婚祝いに人気のギフトです。


上記画像は着物はてぬぐいを帯はハンカチで制作していますが、帯のところをてぬぐいにすることも可能で組み合わせが色々楽しめます。

上記画像


ハンカチ着物ギフト¥2.100-(箱代別途)


定番てぬぐい 亀甲鶴¥900-  wafu各¥600- まめ桃色 まめ紺


お箸なしのギフトで約19.5㎝×12.5㎝の小さい箱にコンパクトです。


ハンカチのみで着物を作っており、荷物を軽くされたい方やご予算が決まっている方におすすめです。

上記画像(左から)


夏てぬぐい 青紅葉¥1.100-  wafuあわつぶ柑橘¥600- 箸天削鶴と亀中¥800- 


夏てぬぐい 山葵\1.200-  涼色扇子木立¥2.800-


夫婦セット以外にも着物1つでもギフトにできます。敬老の日や誕生日などにおすすめです。


上記画像左はてぬぐいとハンカチ・箸で箱詰めしており、右はてぬぐい1枚のみで着物に制作しております。


箱詰めだけでなく、無料の袋包装もございますのでご予算に合わせてお選びください。


なお、てぬぐいはそれぞれお値段が違うので選んでいただいた柄で合計金額が変わることがございます。


 


スタッフ一同、心よりお待ち申し上げます。

2018年7月27日

バック特集②


局地的に雨が降った地域もあり、暑さが和らいだようですね。


前回に引き続き、バックをご紹介致します。


上記画像


おいしい風呂敷各¥600- たまねぎ かいわれ  フロシキパッチン¥1.800-(約18.5㎝×4.5㎝)


50㎝×50㎝の正方形の風呂敷を四方の角をフロシキパッチンの穴に通すだけで簡単にバックになります。


すべて食べ物柄で可愛らしく夏は浴衣に合わせて財布や携帯電話が入り、普段や冬の間は画像二枚目のようにお弁当を入れるバックも程よい大きさです。


パッチンのところが磁石になっているので中身が出てしまう心配がないです。

上記画像


おいしい風呂敷各¥600- ミニトマト とうもろこし


数種類ご用意しておりますで自宅用でお弁当包みされたり、ちょっとしたお菓子などを包みギフトとにすることも可能です。


また、フロシキパッチン無しでも結ぶだけでバックにすることが出来るのでお気軽にお問い合わせください。


 


浴衣を着る際はフェイスタオル1枚でも補正してから着ると良いです。


汗を吸い取り、慣れない腰紐などもタオルを挟んでることで苦しさが軽減いたします。


また、ハンカチの変わりにてぬぐいをおすすめいたします。


ハンカチよりサイズが大きく感じますが折ってしまうとコンパクトで小さいバックにも入ります。


更に汗や汚れを拭うだけでなく、食事の際の膝に掛けるふきんや座るときにひいたり、急な雨にも雨よけになります。


小さい保冷剤を巻いたり、冷たい飲み物のしずくよけにもでき、渇くのも早いのでとってもおすすめです。


2,3日暑さが和らいでもこれからまた、暑い日もあります。


皆さん暑さ対策をしっかりして夏を楽しんでいきましょう。


 


スタッフ一同、心よりお待ち申し上げます。


 

2018年7月25日

バック特集①


大暑も過ぎましたが暑さは和らぎませんね。


朝晩まだまだ暑く厳しい日が続きますので皆さん熱中症にお気を付けください。


そんな暑い夜、お祭りに行かれる方も多いのではないでしょうか。


そこで今回は浴衣に合うバックをご紹介致します。


更に浴衣を涼しく着る豆知識も合わせてご覧ください。


上記画像


手のり巾着 各¥1.200- うさぎちらし 山路文辛子 富士づくし 小梅


手の平サイズの巾着で小さいお子様にぴったりなので甚平や浴衣に合わせてコーディネートできます。


同じ柄のてぬぐいもご用意しておりますのでお揃いでお持ちできます。


細かいものを入れやすく、普段使いにもおすすめです。

上記画像


浴衣地みゆき袋 各¥3.000-


一枚目 切子雪景色 二枚目 夏草更紗 涼風柳


浴衣地で出来ているみゆき袋は形が出来上がっているので端と端を結ぶだけで簡単にできます。


生地が浴衣地なので浴衣にはぴったりですし、ワンランク上のコーディネートが楽しめます。


 


浴衣はもともと湯帷子(ゆかたびら)といわれ、入浴の際に用いられていました。


江戸時代頃から入浴や就寝時に着用していたが夕方の薄暗くなってからのお祭りでも着る用になり、


現代では長襦袢を着て着物風に着る上級者もいらっしゃいます。


ただ着るのでは暑いイメージがありますが、着付けの際に


冷感素材の下着を付けたり、帯を麻素材や帯板をへちま素材に変更するだけで感じ方や着やすさも変わります。


是非、工夫してみてください。


 


なお、ご紹介した商品は数量限定の為、なくなり次第終了です。


スタッフ一同、心よりお待ち申し上げます。

2018年7月22日

夏てぬぐいの使い方②


前回に引き続き、使い方をご紹介致します。


上記画像


甚平宇宙100㎝ ¥5.000- 子てぬぐいパンダ ¥600-


一般的てぬぐいの他にお客様にもっと楽しんで使っていただけるよう様々なサイズ・素材をご用意しています。


最初に通常の3分の2サイズの子てぬぐいです。


素材・染めは同じでサイズのみ違うのでお子様の首にかけるのにピッタリです。


また、大人も通常サイズだど大きいと感じる方におすすめです。


 

上記画像


いろどりガーゼ 各¥1.400-  みずわ玉青 ばら桃色


子てぬぐい 各¥600-  うずらのたまご 水玉金魚


何柄かご用意しておりますので是非店頭にてご覧くださいませ。

上記画像


いろどりガーゼちらし玉薄紅 ¥1.400-


いろどりガーゼは名前の通り素材がガーゼで首に一周巻くのに程よい117㎝と少し長めにできています。


やわらかく吸水性もあり、冷房が強い時、暖かく外で汗をかいた時は汗拭きにもなります。


更に頭に巻くとおしゃれな汗止めバンドにもおすすめです。


 


スタッフ一同、心よりお待ち申し上げます。