ビナウォークについて

Rambling Terrace Vinawalk Ebina

ビナウォークの「ViNA」はViVA NATURE(自然礼賛)の略語で、Rambling(ランブリング:ぶらぶら歩き)と併せて「歩いて楽しめる界隈」を表現しています。シンボルマークは、「人」、「集い」、「太陽」をモチーフにデザインしています。

街の中心となる駅前は街で一番の賑わいを感じ、誰もがなんとなく集まってくる「街のサロン」であるべきと考えました。ビナウォークは中央公園と駅、更に周辺地域とをランブリングテラスと呼ばれる公開街路で丁寧につなぎ合わせることによって、全く新しい街の中心「NEW DOWN TOWN作り」を目指しています。施設構成、賑わいデザイン、店舗の組み合わせを通じて0才から100才まで誰もが生活を彩り、「出逢い、集い、ワクワク、トキメキ、感謝、愛着・・・」が実感できるように計画されています。駅と公園を中心としたこの賑わいが街の求心力になり、更に駅舎をはじめ駅前開発と連携させることによってここ海老名の地に「新世代のNEW DOWN TOWN」が誕生しました。

施設概要

ビナウォークはマルイファミリー海老名、TOHOシネマズ海老名、約150の専門店が集うワンストップライフマーケットです。

拡大する

ビナウォークの特徴

街を繋げる歩行空間「ランブリングテラス」

ビナウォーク2階にある8000m²に及ぶテラス『ランブリングテラス』が駅・店・公園・街とを繋ぐ公開街路として「賑わい」と「憩い」を両立させています。

飛び立つ翼をイメージさせる大屋根

ビナウォークを特徴づける翼のような大屋根は、テラスの上を軽やかに覆い、雨を避けながら開放的な半屋外感覚の街路をつくり出しています。

毎日をおしゃれに楽しく暮らせるショッピング街

近郊にお住まいのお客様はもちろん、海老名駅すぐというアクセスの良さから、通勤、通学のお客様にも気軽にご利用いただけるビナウォーク。毎日をおしゃれに暮らせるさまざまなお店のほか、マルイファミリー海老名、TOHOシネマズ海老名、ら~めん処など、生活の中にエンターテイメントもご提案するショッピング街です。

路面店感覚の店づくり

ビナウォークではバラエティ豊かな150店舗以上が、まるで路面店のように個性的な看板づくり、店頭の賑わいを演出し、飽きのこない、楽しいショッピングを提案しています。

愛着ある賑わいデザイン

ビナウォークでは環境デザイン構想に、アメリカ人女性デザイナーを起用し、有機的で華やかな色彩で案内・看板なども楽しく演出しています。さらにオブジェやアートベンチなどの手作り感覚を大切にし、その中にいるだけで楽しくなる賑わいデザインを実現しています。

環境対策も万全

ビナウォークでは館内に太陽光発電、生ごみ高速発酵処理機、発砲スチロール溶解機を設備し、環境対策への取り組みにも力を入れています。