保険相談サロンFLP/ショップニュース

2023年5月12日

がんを防ぐためのポイント


こんにちは。
保険相談サロンFLPでございます。

がんを予防するには、禁煙をはじめとした生活習慣改善が重要です。

ここでは、がんを防ぐためのポイントを紹介します。

①たばこは吸わない
他人のたばこの煙をできるだけ避ける
たばこは肺がんだけでなく、胃がん・膵臓がん・子宮頸がんなど多くのがんリスクを上げます。
また、吸っている本人だけでなく、周囲にも健康被害をもたらしますので、配慮が必要です。

②お酒はほどほどに
飲酒は食道がん、肝臓がん、大腸がんをはじめとしたがんのリスクを上げます。
一方で、ある程度の量であれば、心筋梗塞や脳梗塞のリスクを下げる効果があることが知られています。
飲むなら、節度のある飲酒が大切です。休肝日を作ることも大切です。

③バランスのとれた食生活を
摂取しすぎるとがんのリスクを上げる可能性がある食品中の成分、
あるいは調理・保存の過程で生成される化学物質などがあります。
そのようなリスクを分散させるためにも、バランスのよい食事を心がけましょう。

④がんのリスクを上げる可能性のある成分や化学物質
・肉や魚の焼けこげに含まれるヘテロサイクリックアミン
・ハム、ソーセージ、漬物などの保存食品に含まれるニトロソ化合物など
・輸入ナッツや穀類に混入することのあるアフラトキシンというカビ毒(食品衛生法により規制)

⑤塩辛い食品は控えめに
塩分の摂取量を抑えることは、日本人で最も多い胃がん予防に有効であるのみならず、
高血圧を予防し、循環器疾患のリスクの減少にもつながります。

⑥野菜や果物は不足にならないように
野菜・果物は食道がんや胃がんなど一部のがんで予防の効果があります。
一方、赤肉(牛・豚・羊の肉など)や保存・加工肉の摂取は大腸がんのリスクを
上げる可能性があるので、週に500gを超えないようにしましょう。
また、飲食物を熱い状態でとることが食道の炎症やがんを
引き起こす可能性がありますので注意しましょう。

⑦適度に運動
身体活動が高いと、がんのみならず心疾患や糖尿病のリスクも低くなることから、
死亡全体のリスクも低くなることが知られています。
身体活動量を保つことは、健康で長生きするための重要な要素です。

⑧適切な体重維持
肥満とがんとの関係は、欧米とは異なり、日本人においてはそれほど強い関連がないことが
示されています。むしろ、やせによる栄養不足は免疫力を弱めて感染症を引き起こしたり、
血管を構成する壁がもろくなり、脳出血を起こしやすくしたりすることも知られています。

⑨ウイルスや細菌の感染予防と治療
下記のウイルスや最近に感染しているとがんのリスクが高まります。
定期的に検査を受けるようにしましょう。

⑩肝炎ウイルス
B 型・C 型肝炎ウイルスに感染した人は、肝臓がんになりやすいといわれています。
・ヘリコバクターピロリ菌
ヘリコバクターピロリ菌は、胃がんの発生の重要な因子の一つと考えられています。
特に、日本人中高年の感染率が非常に高いことがわかっています。

[監修:公益財団法人 朝日生命成人病研究所]

・ヒトパピローマウイルス
ヒトパピローマウイルスは、性交経験のある女性のほとんどが一生に一度はHPV に
感染することが分かっています。
多くの場合、ヒトパピローマウイルスは自然に消えるといわれていますが、
感染した細胞が子宮頸がんに進行する可能性があります。

⑪定期的ながん検診
1年または2年に1回定期的に検診を受けましょう。
検診は早期発見に有効で、前がん状態も発見できます。

⑫身体の異常に気がついたら、すぐに受診
やせる、顔色が悪い、貧血がある、下血やおりものがある、咳が続く、食欲がない、
などの症状に気がついたら、かかりつけ医などを受診しましょう。


★正しい情報でがんを知る
科学的根拠に基づくがん情報を得て、あなたに合ったがんの予防法を身につけましょう。

(出典)がん研究振興財団 がんを防ぐための新12か条

★いざというときのためのがん保険
がんになってしまったとき、治療費などの経済的な負担をカバーするのががん保険です。

保険相談サロンFLPでは、無料で何度でもがん保険の相談をすることが可能です!

色々な保険会社から比較検討できますので、気になった方はお問い合わせくださいませ!!

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314

2023年5月11日

【年金定期便】確認してますか?


こんにちは!
保険相談サロンFLPでございます。

・『年金定期便』みなさん確認してますか?

「50歳以上の方」と「50歳未満の方」で記載内容が少し違いますが、
 ・これまでの加入期間
 ・年金の見込み額   などがわかります。

その他にも年金定期便からわかることがありますが、
 【どのくらいの年金が受け取れるのか?】
 【それ以外に、自分でどのくらい準備しておくといいのか?】等、
いわゆる2000万円問題を考えるヒントになります。

「、、、と言われても、見方がわからない (^^;) 」


そんなときは、是非一度当店にご相談ください。
いっしょに確認をさせていただきます。

現状を確認し、今できることから無理なく少しずつ準備をしていきましょう。



※年金定期便の確認のみでもOK
※ご相談後の強引な勧誘は一切いたしません

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314

※年金定期便の確認のみでもOK
※ご相談後の強引な勧誘は一切いたしません

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314

2023年5月10日

世帯年収の平均は?


こんにちは!
保険相談サロンFLPでございます。

円安や、コロナ禍、ロシアウクライナ情勢による物価高の影響により、生活費の増加が話題になっていますね。
また、老後生活には「年金以外に、2,000万円以上が必要」とのニュースもちょっとした話題になりました。

結婚、出産、育児、教育、老後など、人生における様々なライフステージで何かとお金が必要となりますよね。
そこで、今回は、気になる世帯年収について調べてみました。
※世帯年収とは、世帯を構成する人々(例:本人+配偶者)の年収合計のことをいいます。

●世帯年収の平均は560万円
厚生労働省が発表した調査結果によると、世帯年収の平均は560万円程度となっています。
世帯年収の割合は、400万円以下が最も多く、1,000万円超となる世帯は全体の12.6%となっています。

●生活が「苦しい」と思っている世帯は全体の6割弱も
同じく厚生労働省が発表した調査結果によると、全体の6割弱が「生活は苦しい」と考えており、
特に「子育て世帯(児童のいる世帯)」や「シングルマザー(母子世帯)」が全世帯の水準を上回っています。

収入増大が見込まれない中、支出(生活費)のみが増えてしまうことにより、更に生活が苦しくなることが想定されます。
少しでもゆとりある生活を送るため、まずは、生活費を抑える一環として、保険や通信費等の固定費の見直しに取組む世帯が増えています。

日用品や食品だけでなく、タクシー代や火災保険など生活に関係する物が値上がりしている今、
家計の見直しを検討することで、無駄な支出を抑えることができるかもしれません。

当店では、家計の見直しや老後シミュレーション等のご相談を無料で承っています。
ぜひお気軽にご相談ください。
当店では効率よく整理資金を準備できる商品を複数ご案内可能です。

是非お気軽ご来店くださいませ。

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314

2023年5月9日

★ご予約受付中★イチからわかる 投資・運用の始め方講座


こんにちは!
保険相談サロンFLPでございます。

最近よく耳にするNISA、iDeCo、変額保険など、
将来に向けたお金の準備方法がありますよね。

自分にできるかな?
何かひとつでも始めたいけど、何が向いているんだろう・・

そんなお悩みを解消します!
未来のお金の育て方、学びませんか?

投資初心者の方への「個別講座」になりますので
お一人お一人の状況に合わせて、ゆったりご参加いただけます。


※講座は1時間を予定しております。
※ご相談後の強引な勧誘は一切いたしません。
※当イベントは投資・運用の考え方をお伝えするものであり、
個別銘柄への投資判断・助言等、対応しかねる場合もあります。

ご予約制となりますが、日時については、個別にご相談くださいませ♪
皆様のご連絡、ご来店をお待ちしております!

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314

2023年5月8日

持病があっても生命保険に入れる?


■持病がある方の保険加入

ご病気を経験された方や、お薬を服用中の方からの「保険に入れる?」というお問合せは年々増えています。
持病があるからといって、絶対に保険に入れないという訳ではありませんのでご安心ください。
ただし、持病があると「一般的な保険」に加入できなかったり、加入できても割増保険料や条件がつくことも……。
その方の病名や病状にもよりますが、保険加入後の入院や手術、死亡のリスクが高いためです。

■持病がある方のための保険

持病がある方に向けて、各保険会社が色々なタイプの保険を取り扱っています。

・緩和型の保険
 健康状態の告知内容が緩和されていたり、項目数が少なく、持病があっても加入しやすい保険です。

・無選択型の保険
 健康状態の告知が不要の保険です。
 ご病歴を問われませんので、持病があっても加入できます。

「緩和型」や「無選択型」の保険は、一般の保険に比べると保険料が割高だったり、保障内容の制限がついていたりします。

「一般型」「緩和型」「無選択型」……どのタイプの保険が良いかは、それぞれのご健康状態によって変わります。
詳しくはぜひFLPのプランナーにお尋ねください。

2023年5月7日

『資産形成』こんな商品はご存知ですか?


保険相談サロンFLPでございます。

・何かあった時に家族に残したい資金がある
・相続対策を考えている
・退職金や老後資金を上手に運用したい
・貯蓄性も備えた保険に加入したい

という方…こんな商品はご存知ですか?

【一時払終身保険】保険料の払い込みを1回で終える終身保険です。

特徴
(1)告知が簡単で加入しやすい。

(2)一定期間後に解約すると払込保険料よりも
   解約した場合に契約者に払い戻される金額が上回る。
   商品によっては毎年毎年、定期支払金を一生涯受け取れるものも。 

(3)死亡保険金の非課税枠をつかうことで
   相続税の課税対象財産を減らすことができ、
   相続対策に向いている。

(4)終身保険のため、いつ相続が発生しても対応できる。

『資産形成したいけどよくわからない・・・』なんて少しでも興味ある方は、
ぜひ店舗へご来店ください!
基本的な事から具体的な商品までご案内いたします。

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314



2023年5月6日

ご予約受付中★イチからわかる 投資・運用の始め方講座


こんにちは!
保険相談サロンFLP新百合ヶ丘エルミロード店です。

新生活が始まった方、新社会人になった方、5月になり少しずつ新しい生活にもなれてきたころだと思います。

最近よく耳にするNISA、iDeCo、変額保険など、
将来に向けたお金の準備方法があるのはご存知ですか?

自分にできるかな?
何かひとつでも始めたいけど、何が向いているんだろう・・・

そんなあなたのお悩みを解消します!
未来のお金の育て方、学びませんか?

投資初心者の方への「個別講座」になりますので
お一人お一人の状況に合わせて、ゆったりご参加いただけます。


※講座は1時間を予定しております。
※ご相談後の強引な勧誘は一切いたしません。
※当イベントは投資・運用の考え方をお伝えするものであり、
個別銘柄への投資判断・助言等、対応しかねる場合もあります。

ご予約制となりますが、日時については、個別にご相談くださいませ♪
皆様のご連絡、ご来店をお待ちしております!

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314

2023年5月5日

たくさんの保険商品から選びたい!


こんにちは。
保険相談サロンFLP新百合ヶ丘エルミロード店です。

今日はこどもの日(端午の節句)ですね!
端午の節句といったら、兜や鯉のぼりを飾ったりするご家庭も多くあると思います。
また、柏餅を食べたりもしますよね。

柏餅を食べられるようになったのは江戸時代からといわれています。
柏の木の葉は、新芽が出るまで古い葉が落ちないという特性から、
新芽を子ども、古い葉を親に見立て、「家系が絶えない」さらには「子孫繁栄」と結びつけたわけです。
そのため、柏の葉で巻いた柏餅は、縁起のいい食べ物として定着したとのことです。

元気に泳ぐ鯉のぼりを見ながら柏餅を食べて健やかな成長を見守りたいですね!

さて、タイトルのお話に戻りまして…

いろんな保険会社の商品から自分に合ったものを選びたい。

そう思った時は、ぜひ、私どもにお任せくださいませ!

当社は30社ほどの保険会社を取り扱っていますので、
その中からお客様にあった商品を選んで頂けます。
1社の商品のみを強くお勧めすることはございません。

万一、たくさんの商品から選ぶのは難しいと思われる
お客様には、当社が推奨する商品の中から選んで頂く事もできます。

保険会社によって、得意な保険商品の分野が異なります。
当社では、保険会社それぞれの得意な分野を活用してご契約いただく事ができます。

生命保険と損害保険の両方を扱っていますので、
何か保険について不安がありましたら、気軽にご相談くださいませ。

お客様とゆったりお話しさせて頂きたいという気持ちから
基本的にはご予約をお願いしております。
もちろん、お席が空いていた際には着座して頂きお話をお伺いすることもできます。

予定がなかなか立てづらい方は、近くにいらした際に当店窓口を覗いてみてくださいね♪

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314

2023年5月4日

相続発生で故人の銀行口座は凍結!葬儀費用に生命保険金を活用できる?


こんにちは!
保険相談サロンFLP新百合ヶ丘エルミロード店です。

■葬儀費用の平均は200万円
日本消費者協会の葬儀についてのアンケート調査結果によると、全国葬儀費用の平均は約200万円となっています。

ただし、葬儀の形式、規模、地方の慣習などにより大きく変わってきます。


■葬儀費用の支払いタイミング
葬儀費用を支払うタイミングですが、一般的には葬儀終了直後から、一週間程度の間に支払うことが一般的です。葬儀依頼時に半金を支払うケースもあります。


■故人の銀行口座は凍結される
故人の銀行口座は、口座名義人の死亡を知った時点で凍結され、入金、送金等の一切の取引が出来なくなります。
口座名義人が死亡した時点で、預金は相続財産となり、相続人のものになります。
相続財産は、遺産分割協議が合意に至るまでは、誰のものになるかが確定していない状態です。

ですから、遺産分割協議が合意に至るまで銀行口座は凍結されるのです。


■葬儀費用は引き出すことが出来る場合がある
金融機関によっては、凍結中の口座でも遺族の方や相続人の方であれば、引き出すことが出来ることがあります。

引き出しには所定の手続きが必要になります。


■生命保険を活用して葬儀費用を確保
生命保険の死亡保険金であれば、受取人が書類を用意するだけで通常1週間程度で受け取ることができます。

生命保険の死亡保険金は受取人の固有の財産として自由に処分することができますので、確実に葬儀費用を準備することができます。

また、その後の納税資金やその他の死後整理資金に活用することもできます。

当店では効率よく整理資金を準備できる商品を複数ご案内可能です。

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314

2023年5月3日

がん治療費は公的健康保険でどこまでカバーできる?


こんにちは!
保険相談サロンFLP新百合ヶ丘エルミロード店でございます。

本日は「がん治療費は公的健康保険でどこまでカバーできる?」です。

がんにかかった場合の治療費は、他の病気と同じように公的健康保険(医療保障)で負担が軽減され

3割負担となります。また、高額療養費制度という1ヶ月の自己負担額が一定の上限金額を

超えた場合に払い戻しを受けられる制度が存在します。
一時的に窓口での支払いが発生しますが、後日払い戻しを受けられます。
一般的な収入の人なら1ヵ月9〜10万円程度、4ヶ月目からは一律44,400円の自己負担額で済みます。

数か月で治療が終了すれば小さな負担と感じられるかもしれませんが

がんの種類・進行度によっては約5年通院する可能性もございます。

また、がんに罹患した際に健康保険が適用されない費用(全額自己負担)もございます。



★全額自己負担になる費用

①差額ベッド代
差額ベッド代とは、いわゆる個室などに入院した場合、健康保険適用の範囲外で患者に請求される

病室の費用のことをいいます。病院によっては数万円/日かかる可能性もございます。



②交通費
病院にお見舞いにくる家族の交通費(電車賃・タクシー代)など



③食費
配偶者や子どもがいる場合の外食費など



④消耗品
入院生活に必要な日用品。パジャマ、下着、洗面用具など。



⑤見舞い・快気祝い
お見舞いに来てくれた方へのお礼



がんに罹患した場合の治療費やその他の費用について、預貯金や公的健康保険で

カバーできない部分に備える方法として民間の保険があります。保険相談サロンFLPでは、

がん保険や医療保険などを複数保険会社から無料で見積もり/相談が可能です。

がん保険が必要かどうか一度考えてみましょう。

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314