保険相談サロンFLP/ショップニュース

2023年1月9日

三大疾病(がん・心疾患・脳卒中)はどういう病気?


三大疾病とは、「がん(悪性新生物)」「心疾患(急性心筋梗塞)」「脳卒中」の3つの病気のことをいいます。

①がんとは
がんは、体のなかで発生したがん細胞が体に害を与える病気です。
人間の体は約60兆個の細胞でできているといわれます。
細胞は古くなると死滅しますが、同時に細胞分裂によって新しい細胞が生まれます。
その中で突然変異や何らかの原因でがん細胞が発生してしまうことがあります。
正常細胞は、体や周囲の状態に応じて、増えたり、増えることをやめたりします。
一方、がん細胞は、体や周囲の状況を無視して増え続けるので、周囲の大切な組織を圧迫したり、壊したり、機能障害を引き起こします。
また、がん細胞は血液やリンパ液にのって体のあちこちにひろがってしまいます(転移)

②心疾患(急性心筋梗塞)とは
心疾患とは心臓に起こる病気の総称です。
心疾患のなかでも深刻なのが「急性心筋梗塞」です。
急性心筋梗塞とは、心臓の筋肉に血液を供給している血管(冠動脈)が動脈硬化などにより狭くなり、血流が妨げられることにより、
心臓の筋肉が血液不足になり激しい発作(胸痛)が起こり、最終的に心臓が壊死してしまう病気です。

③脳卒中(脳血管疾患)とは
脳卒中とは正式な病名ではなく、脳の血管の障害によって引き起こされる様々な病気(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など)を総称した呼び方です。
片側の手足の麻痺やしびれ、呂律が回らない、激しい頭痛、意識の混濁等の症状が突然起こるのが特徴です。


FLPではお客様に三大疾病になった時に必要な保障はどの位かいうことを丁寧に分かりやすくご説明いたします。
皆様のご予約、ご来店心よりお待ちしております!

2023年1月8日

【無料】1月25日(水)1月28日(土)イチからわかる投資・運用の始め方講座開催


保険相談サロンFLP新百合ヶ丘エルミロード店です。

最近よく耳にするNISA、iDeCo、など
将来に向けたお金の準備、気になるけどよくわからない。

そんなお悩みを解消します!

1月25日から2月の毎週水曜、土曜日に新百合ヶ丘エルミロード店にて
「イチからわかる 投資・運用の始め方講座」を開催いたします。

投資初心者用の「個別講座」になっており、ご予約制です。

皆様のご予約お待ちしております!

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314


2023年1月7日

学資保険の代わりになる保険とは?


保険相談サロンFLPでございます。

学資保険の相談をしに保険ショップなどに行くと、
低解約返戻型終身保険を提案された経験があるかもしれません。
教育資金の積み立てができる保険は、実は学資保険だけではありません。
最近、「低解約返戻金型終身保険」を活用した方法が学資保険の代わりとして注目されています。

保険相談サロンFLPでは、複数社の比較が可能です。
各社の細かい違い等もお話しさせていただきます。
皆様のご予約を心よりお待ちしております。
ぜひ店頭にお立ち寄りください!

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314

2023年1月6日

保険見直しを失敗しない為に必要な3つの注意点とは?


保険相談サロンFLPでございます。
現在加入中の保険は、自分に合っている?今のライフスタイルに合っている?
このように思われるときは、保険見直しのタイミングです。
せっかくなら、できるだけ失敗のない見直しをしたいですよね。

今回は保険を見直す時の3つの注意点を紹介いたします。

◇保険は現状把握が大切
まず現在加入中の保険がどういった内容かを把握する事が大切です。
その上で、何か重複している保障はないか、または足りない保障は何かを確認して下さい。
そしてさらにはその足りない保障を、どういった形でカバーしていくのかを考えなければなりません。

◇保険と預貯金のバランスと特性を活かす
病気やケガ、死亡という不測の事態はいつ起こるのか分かりません。
そんな時に必要なお金を用意する事が出来るのが保険です。

ただし、保険はその決まった目的以外には使いにくく、預貯金と違い、現金化しにくいものです。
不測の事態が起きた時に、経済的なリスクに対し預貯金などで対応する事が出来れば
わざわざ保険に加入する必要はありません。預貯金であれば他の使い道にも使うことができます。
ですが、不測の事態の経済的なリスクに対応する預貯金を準備するにはそれなりの収入や期間がかかります。
預貯金と保険をバランスよく、お互いの特性を活かせるようにすることが大切です。

◇信頼できるプランナーに相談を
保険見直し、保険加入の際の細かい注意点は他にもありますが、
ご自身で全てを調べて正しいものを選択する事は、困難な作業になります。
信頼できるプランナーなどに相談し、ご自身の大切な財産を少しでも減らさず、
本当に役に立つ保険を選ぶことが大切です。

保険相談サロンFLPでは、
どれが自分に合っているのか?今入っている保険は本当に必要?など
無料で何度でもご相談いただけます。お気軽にご相談ください。

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314

2023年1月5日

自動車保険は自動車を持っていなくても必要?


保険相談サロンFLPでございます。

皆様は自動車を持っていらっしゃいますか?

都市圏に住んでいる世帯ほど、自動車免許証はもっているけど自動車自体は持っていないという世帯が多いようです。
だからといって「自動車を持っていないから、自動車保険は不要だよね!」という考え方をするのは少し早計です。
今回は自動車を持っていなくても自動車保険が必要な場合がありますのでご紹介いたします。

自動車を持っていなくても自動車保険が必要な場合は「他人の自動車を借りた時」です。

例えば、ご自身がご友人の自動車を借りて運転しているときに、事故を起こしてしまった場合、
その自動車保険の補償範囲(年齢や運転者の範囲)によっては必ずしも補償を受けられるとは限りませんのでご注意下さい。

また仮に補償対象となる範囲であったとしても、その友人(=契約者)が等級ダウンを嫌がり、
自動車保険を使うことを承諾しない場合も考えられます。
自分が運転していて事故を起こしてしまい保険を適用した場合、友人の自動車保険は翌年から等級がダウンして翌年以降の保険料が上がってしまいます。
これを友人が嫌がり承諾しない場合が考えられます。

では他人から自動車を借りる場合にはどうしたら良いのでしょうか?方法は2つあります。

①1日保険
保険の名称の通り「1日(24時間)」だけの補償になります。保険期間が1日と短いため、保険料は数百円から加入することが出来ますが、等級や年齢条件では変わらずどなたでも均一保険料となります。「今日だけ借りる。」「今週末だけ借りる。」といったワンポイントで借りる場合には便利ですね。

②ドライバー保険
上記の「1日保険」がワンポイントであるのに対して長期で借りる場合にご検討頂きたいのが「ドライバー保険」という保険です。
保険料は等級や、年齢条件(21歳以上か21歳未満)で変わります。長期で借りる場合や借りる頻度が高い場合などには便利ですね。

このように、自動車を持っていなくても、他人のお車を運転される場合は、自身で補償を準備されることをおすすめいたします。

保険相談サロンFLPでは、無料で何度でも相談ができます。自動車保険でご不明点等がございましたら、お気軽にご来店くださいませ。

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314

2023年1月4日

保険相談サロンFLPはどんなお店?


新年、明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。

保険相談サロンFLPでは、約30社の保険会社からご自身に合った商品を選んでいただくことができます。
保険会社によって、得意な商品分野は当然違ってくるものです。

保険相談サロンFLPでは、保険会社ごとの得意分野や商品の特徴をふまえてお客様に合った保険をご案内いたします。
ですから、一つの保険会社だけをおすすめすることはございません。

ご相談は何度でも無料となっておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314

2022年12月29日

年末年始の営業のお知らせ


保険相談サロンFLP新百合ヶ丘エルミロード店でございます。
年末年始のスケジュールについてお知らせいたします。


当店は、12/31(木)~1/3(日) までお休みをいただきます。
1/4(月)午前10時より 通常通り営業となります。

尚、本日29日は19時までの短縮営業となります。

ご来店いただく際には事前にご確認いただきますようお願いいたします。

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314

2022年12月28日

保険の付帯サービス!


こんにちは、保険相談サロンFLP新百合ヶ丘エルミロード店です♪
保険加入者が利用できるサービスがあることをご存じでしょうか。
保険会社によって内容は少しずつ違いますが知っておくと、いざというときに心強いサービスです。
一例をあげると、
 健康相談ダイヤル
 セカンドオピニオンサービス、等
これらを基本的に無料で利用できます。

例えば健康相談ダイヤルは、
 24時間対応
 電話で話せる相手は医療現場の経験がある看護師さん等、
無料とは思えない内容です。

契約者のご家族についても相談ができるので、
「夜中に急に赤ちゃんが泣きだして、ずっと泣き止まない!」というとき、
電話をした方もいるそうです。

弊社ホームページ「生命保険の付帯サービスは意外と使えるかも!?医療・がん保険で付帯されるサービス一例」

少しでも興味ある方はぜひお気軽に店舗へご来店ください!

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314

2022年12月27日

年末年始の営業のお知らせ


保険相談サロンFLP新百合ヶ丘エルミロード店でございます。
年末年始のスケジュールについてお知らせいたします。


当店は、12/30(金)~1/3(火) までお休みをいただきます。

新年は1/4(水)午前10時から午後8時までの通常営業となります。

尚、12/29(木)の営業時間は午前10時から午後7時までの短縮営業となりますのでよろしくお願いいたします。


ご来店いただく際には事前にご確認いただきますようお願いいたします。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。

2022年12月26日

資産形成 3つの基本


資産形成とは、現時点で資産がほとんどない状態から少しずつ資産を着実に増加させていくことをいいます。

平均寿命が長くなり、人生100年時代と言われますので、公的な年金に加え、
老後に向けた自助努力が必要と考える方は多いのではないでしょうか。

ここでは資産形成・資産運用でお金を増やしていくための3つの基本を解説していきます。


①分散投資でリスクを小さく
分散投資とは、預金だけでなく、債券、保険、株式、不動産・・・などの複数の種類の商品に投資することをいいます。
資産を分散することで、ある一つの商品の損失の影響を資産全体に及ぼすことを回避することができ、リスクを小さくすることができます。

②複利効果と長期運用で時間を味方につける
複利とは、「元本+利息」に対して利子がつくことです。
複利で運用すると、元本に利息を加えた合計「元本+利息」が新たな元本となり、継続的に運用されて元本がどんどん膨らんでいきます。
これを複利効果といいます。
運用を早く始めれば始めるほど、この複利効果がより大きく期待できます。

③ドルコスト平均法で高値掴みのリスクを回避
ドルコスト平均法とは、購入するタイミングを分散することによって高値掴みによる元本割れのリスクを回避し、購入単価を平準化することをいいます。
具体的には、株式や投資信託、外貨など、価格変動のある商品を購入する場合
「毎月一定の金額を購入していけば、価格の安いときに多くの口(株)数を購入することができ、
価格が高いときには少ししか購入することができず、長い目で見れば平均購入単価を低く抑えることができる」というものです。


分散投資、複利効果(長期運用)、ドルコスト平均法(購入単価の平準化)これらを活用することで、
リスクを軽減しながら資産を増やすことができます。

資産形成をしたいがよくわからないなど
少しでも興味ある方はぜひお気軽に店舗へご来店ください!