保険相談サロンFLP/ショップニュース

2023年2月4日

主婦に保険はいらないの?


こんにちは!
保険相談サロンFLP新百合ヶ丘エルミロード店です。

みなさんはご家族でどんな保険に入られているか把握されていますか?
ご家庭をお持ちの方なら、一家の大黒柱であるご主人様の保険は手厚くされている方が多いのではないでしょうか。

では奥様の保険はいかがでしょう?
「生命保険は夫が入っているから大丈夫」
「専業主婦だし、保険はいらない」
そんなお話をたびたび耳にします。

ですが、そんなことはありません!
病気になった場合の治療費に、基本男女の格差はありません。
特に大病、三大疾病(がん・脳卒中・心筋梗塞)になった場合、
治療には時間とお金がかかってきます。

その上家事が思うようにできなくなってしまうため、
誰かの力を借りないと生活できなくなる可能性があります。

最近は若い方でも乳がんや、子宮がんを患う方もいます。
治療費+αでの大きなお金が必要となる場合がありますので、
これをカバーしてくれる保障は必要になるでしょう。

子育てをしながら、資産を準備している段階で大きな病気にかかって
しまうことは、大きな経済的リスクが潜んでいると言えます。

奥様に万が一のことがあった場合、、、
ご主人が家事、育児、そして仕事をすべてこなすことは容易ではありません。
そんな万が一に備えて負担をカバーできる保険の検討はとても大切なんです。

お客様に合った保険をプロが無料でアドバイスさせていただきます。
ご自身のため、ご家族のためにもぜひご検討ください。
ご相談は何度でも無料です!

ご来店を心よりお待ちしております♪

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314

2023年2月3日

【無料】・2月4日(土)・2月8日(水)イチからわかる投資・運用の始め方講座開催


こんにちは!保険相談サロンFLP新百合ヶ丘エルミロード店です♪

今日は節分ですね!!
昔は定番と言えば豆まきでしたが、今は豆まきだけでなく、恵方巻を食べることも定着しましたよね。
七縁起の良い福神にちなみ、7種類の具材を包む恵方巻は「福を巻き込む」食べ物とされています。
切らずに一気に食べることにも、「縁を切らない」「運を逃さない」という意味が込められているとか…
今年の方向は『南南東』。おいしくいただきましょう。

さて、お話は変わりますが、最近よく耳にするNISA、iDeCo、など
将来に向けたお金の準備、気になるけどよくわからない…

ということありませんか???


そんなお悩みを保険相談サロンFLPが解消します!


2月4日(土)・2月8日(水)新百合ヶ丘エルミロード店にて
「イチからわかる 投資・運用の始め方講座」を開催いたします。

お時間は、11時~、13時~、15時~、17時~
となっております。 

投資初心者用の「個別講座」になっており、ご予約制です。

皆様のご予約お待ちしております!

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314

2023年2月2日

「眠っている資産…有効活用しませんか?」


こんにちは♪保険相談サロンFLP新百合ヶ丘エルミロード店です♪

こんなお悩みありませんか?

○退職金や老後資金を上手に運用したい

○貯蓄性も備えた保険に加入したい

○相続対策を考えている

   という方…こんな商品はご存知ですか?

「一時払終身保険」 
  保険料の払い込みを1回で終える終身保険

特徴
(1)告知が簡単で加入しやすい

(2)一定期間後に解約すると、払込保険料よりも
   解約した場合に契約者に払い戻される金額が
   上回る

(3)死亡保険金の非課税枠をつかうことで相続税の
   課税対象財産を減らすことができ、相続対策に
   向いている

(4)終身保険のため、いつ相続が発生しても対応
   できる

気になる方・加入を検討している方は是非お気軽にご相談ください!

ご予約をお待ちしております。

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314

2023年1月28日

【無料】2月1日(水)・2月4日(土)イチからわかる投資・運用の始め方講座開催


こんにちは!保険相談サロンFLP新百合ヶ丘エルミロード店です♪

最近よく耳にするNISA、iDeCo、など
将来に向けたお金の準備、気になるけどよくわからない…

ということありませんか???


そんなお悩みを保険相談サロンFLPが解消します!


2月1日(水)・2月4日(土)新百合ヶ丘エルミロード店にて
「イチからわかる 投資・運用の始め方講座」を開催いたします。

お時間は、11時~、13時~、15時~、17時~
となっております。 

投資初心者用の「個別講座」になっており、ご予約制です。

皆様のご予約お待ちしております!

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314

2023年1月25日

【無料】1月28日(土)・2月1日(水)イチからわかる投資・運用の始め方講座開催


保険相談サロンFLP新百合ヶ丘エルミロード店です。

最近よく耳にするNISA、iDeCo、など
将来に向けたお金の準備、気になるけどよくわからない…

ということありませんか???


そんなお悩みを保険相談サロンFLPが解消します!


1月25日から2月の毎週水曜、土曜日に新百合ヶ丘エルミロード店にて
「イチからわかる 投資・運用の始め方講座」を開催いたします。

投資初心者用の「個別講座」になっており、ご予約制です。

皆様のご予約お待ちしております!

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314

2023年1月24日

「資産形成 3つの基本」


保険相談サロンFLPでございます。

資産形成とは、現時点で資産がほとんどない状態から少しずつ資産を着実に増加させていくことをいいます。

平均寿命が長くなり、人生100年時代と言われますので、公的な年金に加え、
老後に向けた自助努力が必要と考える方は多いのではないでしょうか。

ここでは資産形成・資産運用でお金を増やしていくための3つの基本を解説していきます。


①分散投資でリスクを小さく
分散投資とは、預金だけでなく、債券、保険、株式、不動産・・・などの複数の種類の商品に投資することをいいます。
資産を分散することで、ある一つの商品の損失の影響を資産全体に及ぼすことを回避することができ、リスクを小さくすることができます。

②複利効果と長期運用で時間を味方につける
複利とは、「元本+利息」に対して利子がつくことです。
複利で運用すると、元本に利息を加えた合計「元本+利息」が新たな元本となり、継続的に運用されて元本がどんどん膨らんでいきます。
これを複利効果といいます。
運用を早く始めれば始めるほど、この複利効果がより大きく期待できます。

③ドルコスト平均法で高値掴みのリスクを回避
ドルコスト平均法とは、購入するタイミングを分散することによって高値掴みによる元本割れのリスクを回避し、
購入単価を平準化することをいいます。
具体的には、株式や投資信託、外貨など、価格変動のある商品を購入する場合
「毎月一定の金額を購入していけば、価格の安いときに多くの口(株)数を購入することができ、
価格が高いときには少ししか購入することができず、長い目で見れば平均購入単価を低く抑えることができる」というものです。


分散投資、複利効果(長期運用)、ドルコスト平均法(購入単価の平準化)これらを活用することで、
リスクを軽減しながら資産を増やすことができます。

資産形成をしたいがよくわからないなど
少しでも興味ある方はぜひお気軽に店舗へご来店ください!

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314

2023年1月19日

【保険ショップの特徴】保険会社への直接相談との違いとは?


保険ショップとは、保険の見直しや加入について無料で相談ができる窓口です。
都合のよい時間に自分で保険ショップに来店し、保険のプロに保険相談をすることができます。

♪複数の保険会社を比較見積もり♪
多くの保険ショップは複数の保険会社を取り扱う保険代理店ですので、複数の保険会社の商品を一つの窓口で比較見積もりすることができます。
(一部、1社のみ取扱いの保険ショップもあります)
同様の保障内容でも保険会社によって保険料が違うことは多く、より安い保険商品、より保障内容の充実した保険商品を見つけるには複数の保険会社を比較することは非常に有効です。

♪保険相談は何度でも無料♪
保険は、加入してから長期間にわたって保険料を払い続けるのが一般的です。
商品をきちんと理解し、十分に納得してから加入することが大切です。
保険ショップで保険相談をする場合、基本的に相談は何度でも無料です。
これは、お客様が保険に加入することで保険会社から手数料をもらえる仕組みになっているからです。

♪保険ショップでできること♪
・保険や家計についての相談
・保険の見直し
・保険の見積もり
・保険の契約手続き
・加入後のアフターフォロー

保険ショップでは、保険のプロがお客様のお悩みをヒアリングし、
一人ひとりに合った保険の提案をおこないます。
提案に納得できた場合は、保険ショップで契約手続きをすることもできます。

保険ショップと保険会社は何が違うの?
多くの保険ショップは、複数の保険会社の商品を取り扱っています。
そのため、さまざまな商品の中から比較、見積もりして自分に合った保険を探すことができます。

一方、保険会社(保険会社職員)は所属する生命保険会社/損害保険会社、1社の商品のみ見積もり、契約することができます。

複数の保険会社の商品を比較して選びたい人は保険ショップでの保険相談が有効です。
あらかじめ加入したい保険商品が決まっている場合には保険会社(保険会社職員)への保険相談が有効です。

なお、同じ商品であれば、保険ショップで加入しても保険会社で加入しても保険料は変わりません。
アフターフォローについては基本的にその保険ショップで契約をした保険についてのアフターフォローとなります。

ご来店、ご予約お待ちしております!

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314

2023年1月18日

【無料】1月25日(水)1月28日(土)イチからわかる投資・運用の始め方講座開催


こんにちは!保険相談サロンFLP新百合ヶ丘エルミロード店です♪

最近よく耳にするNISA、iDeCo、など
将来に向けたお金の準備、気になるけどよくわからない…

ということありませんか???


そんなお悩みを保険相談サロンFLPが解消します!


1月25日から2月の毎週水曜、土曜日に新百合ヶ丘エルミロード店にて
「イチからわかる 投資・運用の始め方講座」を開催いたします。

投資初心者用の「個別講座」になっており、ご予約制です。

皆様のご予約お待ちしております!

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314

2023年1月17日

がんにかかってしまう原因はなに?


〇がんの原因は?
がんの原因の多くはたばこや飲酒、食事などの日常の生活習慣にかかわるものだとわかっています。

2005 年に発生した日本人のがんの原因のうち、男性では喫煙・受動喫煙(30%)、感染(23%)、飲酒(9%)、女性では感染(18%)、喫煙・受動喫煙(5%)、飲酒(3%)が上位を占めていたと推定されます。

(出典)がん研究振興財団 がんを防ぐための新12か条


〇がんの原因となりやすい部位
がんには部位別になりやすい原因というものがあります。良く耳にするのは「喫煙は肺がんになるリスクを高める」というものです。

他にも食生活や細菌の感染等も特定のがんのリスクを高めることがわかっています。


〇生活習慣の改善を
喫煙、飲酒、食生活の乱れ、運動不足といった日常の生活習慣ががんのリスクを高めてしまいます。

食事はバランスよく、飲酒は適度に、積極的な運動をするなど、生活習慣の改善を図ってがんの予防をしていきましょう。

〇いざというときのためのがん保険
がんになってしまったとき、治療費などの経済的な負担をカバーするのががん保険です。
保険相談サロンFLPでは、無料で何度でもがん保険の相談をすることができます。
ぜひお気軽にご相談ください。

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314

2023年1月16日

医療保険の入院給付金日額をいくらにすればいい?


■医療保険の入院給付金日額とは
医療保険の入院日額とは、入院した時に受け取れる一日あたりの入院給付金の金額のことです。
例えば、入院日額10,000円の医療保険(日帰り入院から保障されるもの)に加入していれば、入院日数×10,000円を受け取ることができます。
一般的には5,000円~20,000円の範囲で、1,000円単位で決めることができます。
受け取れる給付金は実際にかかった治療費とは関係なく受け取れますので、
入院日額を決める場合には、前述した「入院したらどんな費用がいくらかかるか」を知ることが重要になります。

■入院時の費用、いくらかかる?
生命保険文化センターの調査による入院時の自己負担額の平均額は「20.8万円」となっており、
1日あたりの自己負担額は平均で「23,300円」となっています。
※過去5年間で高額療養費制度の利用有り無し両者の、治療費・食事代・差額ベッド代・交通費・衣類・日用品などを含む。

■医療保険の入院日額をいくらにすればいいの?
では、医療保険の入院日額をいくらにすればいいのでしょうか。
注意していただきたいのは、入院した場合の1日あたりの自己負担額の平均が2.3万円だからといって、
必ずしも医療保険の入院日額は2万円必要というわけではないことです。
統計データによる入院時の自己負担費用は参考にはなりますが、治療費・食事代・差額ベッド代に加え、
交通費(見舞いに来る家族の交通費も含む)や衣類、日用品など、非常に幅広い費用が含まれています。
また、手術をした場合には手術給付金も受け取れますので、1日あたりの自己負担費用全額分をカバーする入院日額にする必要はありません。
預貯金がある場合は、預貯金でまかなうのでその分入院日額を下げてもよい、という考えもあるでしょう。
入院日額を高く設定すればその分保険料も高くなりますので、バランスが大切です。

結論としては、医療費の自己負担額、健康保険が適用にならない費用の両方をカバーするという目的であれば、
医療保険の入院日額給付金は10,000円/日を目安に検討するとよいでしょう。

保険相談サロンFLPでは、医療保険を複数保険会社から無料で見積もり/相談が可能です。
入院給付金日額の設定について、公的保障の内容や、医療費のデータなどをもとに保険のプロがアドバイスします。
保険選びをスムーズに行うために、当社に相談してみてはいかがでしょうか。