保険相談サロンFLP/ショップニュース

2022年8月25日

教育資金準備】学資保険・預貯金・投資信託を3ポイントで比較!


金融商品には預貯金、保険、債券、株式、投資信託など様々な商品があります。

学資保険・預貯金・投資信託の3つの商品を『安全性』『収益性』『流動性』で比較しながらみていきましょう。

お子様の教育費のお悩みを無料で手軽にシミュレーションできるサービスもございます。
教育費シミュレーションは簡単30秒で出来ますので是非、ご活用ください!

ご来店、ご予約お待ちしております!

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314

2022年8月24日

持病があっても入れます!


今回は持病をお持ちの方でもご加入いただける緩和型医療保険についてご紹介します。

引受基準緩和型医療保険とは、健康状態の告知内容を限定することで、持病や過去に病気をしたことのある人でも加入しやすくした医療保険です。

「過去に病気になってしまった」など健康上の理由で一般の医療保険に加入できない人が加入できる可能性があります!
加入条件や、詳細など続きは下記URLよりご覧ください。

ご来店、ご予約お待ちしております!

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314

2022年8月23日

女性特有の病気に備える保険について


女性向け医療保険とは、通常の医療保険の保障に加え、女性特有の病気をより手厚く保障してくれる保険です。

例えば、
•女性特有の病気の場合、入院給付金が増額される
•女性特有の所定の手術を受けた場合、手術給付金が上乗せされる
というようなものです。

女性特有の病気の一例
・乳腺症
・乳がん
・子宮内膜症
・子宮筋腫
・子宮がん
・卵巣の機能障害
・卵巣のう腫
・卵巣がん
・妊娠、分娩の合併症(帝王切開、流産、妊娠中毒症、など)

「女性特有の病気」の定義が、保険会社・商品によって異なりますので
複数社比較を分かりやすくご説明いたします。


世の中に溢れすぎている保険。
何が必要でどれが自分に合っているのか、選ぶのはとても大変なこと。
FLPではお客様に必要な保障は何かということを明確にし、生活に欠かせない保険を、丁寧に分かりやすくご説明いたします。

ご来店、ご予約お待ちしております。

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314

2022年8月22日

「資産形成 3つの基本」


こんにちは!保険相談サロンFLP新百合ヶ丘エルミロード店です。

資産形成とは、現時点で資産がほとんどない状態から少しずつ資産を着実に増加させていくことをいいます。

平均寿命が長くなり、人生100年時代と言われますので、公的な年金に加え、
老後に向けた自助努力が必要と考える方は多いのではないでしょうか。

ここでは資産形成・資産運用でお金を増やしていくための3つの基本を解説していきます。

①分散投資でリスクを小さく
分散投資とは、預金だけでなく、債券、保険、株式、不動産・・・などの複数の種類の商品に投資することをいいます。
資産を分散することで、ある一つの商品の損失の影響を資産全体に及ぼすことを回避することができ、リスクを小さくすることができます。

②複利効果と長期運用で時間を味方につける
複利とは、「元本+利息」に対して利子がつくことです。
複利で運用すると、元本に利息を加えた合計「元本+利息」が新たな元本となり、継続的に運用されて元本がどんどん膨らんでいきます。
これを複利効果といいます。
運用を早く始めれば始めるほど、この複利効果がより大きく期待できます。

③ドルコスト平均法で高値掴みのリスクを回避
ドルコスト平均法とは、購入するタイミングを分散することによって高値掴みによる元本割れのリスクを回避し、購入単価を平準化することをいいます。
具体的には、株式や投資信託、外貨など、価格変動のある商品を購入する場合
「毎月一定の金額を購入していけば、価格の安いときに多くの口(株)数を購入することができ、
価格が高いときには少ししか購入することができず、長い目で見れば平均購入単価を低く抑えることができる」というものです。

分散投資、複利効果(長期運用)、ドルコスト平均法(購入単価の平準化)これらを活用することで、
リスクを軽減しながら資産を増やすことができます。


資産形成をしたいがよくわからないなど
少しでも興味ある方はぜひお気軽に店舗へご来店ください!

2022年8月21日

保険って必要?人生の経済的リスクとはどんなもの?


生命保険の加入率は9割と言われています。
生命保険の本来の目的は、経済的なリスクに対する保障です。
公的な社会保障や貯蓄だけでは足りない事も考えられ、急に資金が必要になった時に保険が役に立ちます。

世の中に溢れすぎている保険。
何が必要でどれが自分に合っているのか、選ぶのはとても大変なこと。
FLPではお客様に必要な保障は何かということを明確にし、生活に欠かせない保険を、丁寧に分かりやすくご説明いたします。

ご来店、ご予約お待ちしております。

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314

2022年8月20日

保険ショップで保険相談する5つのメリットを解説


【複数の保険会社から比較・見積もり】
多くの保険ショップでは、複数の保険会社の商品を取り扱っています。
そのため、さまざまな保険会社の商品の中から、見積もりをとり、比較して自身の希望に合った保険を見つけることができます。
同様の保障内容でも保険会社によって保険料が違うことは多く、より安い保険商品、より保障内容の充実した保険商品を見つけるには複数の保険会社を比較することは非常に有効です。
自分一人で保険を選ぼうとすると、情報収集や比較が大変です。
また、1社取扱いの保険会社の営業職員経由だと、比較するのに複数の保険会社の営業職員に相談する必要があります。
保険ショップならひとつの窓口で情報収集や比較検討をすることができます。
なお、同じ商品であれば、保険会社の営業職員から加入しても、保険ショップから加入しても保険料は変わりません。
           
【保険加入への勧誘は一切なし】
保険ショップでは、保険のプロが保険の提案をおこないますが、保険への加入はお客様の判断におまかせしています。

無理に加入を勧めすることはありませんので、安心してご来店ください。
 
【保険相談から契約、契約後のアフターフォローまでひとつの窓口でできる】
保険ショップでは、相談だけでなく、保険の申し込み手続きや加入後のアフターフォローもおこなっています。
相談から加入後のアフターフォローまでひとつの窓口で済ませることができるため、手間や時間がかかりません。
特にアフターフォローについては複数の保険会社の手続きをひとつの窓口でできるので効率的です。

2022年8月19日

【教育資金準備】学資保険・預貯金・投資信託を3ポイントで比較!


金融商品には預貯金、保険、債券、株式、投資信託など様々な商品があります。

学資保険・預貯金・投資信託の3つの商品を『安全性』『収益性』『流動性』で比較しながらみていきましょう。

お子様の教育費のお悩みを無料で手軽にシミュレーションできるサービスもございます。
教育費シミュレーションは簡単30秒で出来ますので是非、ご活用ください!

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314

2022年8月18日

がんによる収入減少のリスク、どんな保険で備える?<個人事業主編>


がんにかかってしまった場合、心配なのは治療費だけではありません。
治療のために事業縮小や廃業を余儀なくされることもあり、収入が減ってしまうのも大きな心配になります。

保険相談サロンF.L.Pではお客様に必要な保障は何かということを明確にし、生活に欠かせない保険を、丁寧に分かりやすくご説明いたします。
ご来店、ご予約お待ちしております。

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314

2022年8月18日

知っていると得する!妊娠、出産の時に使える6つの公的な制度


基本的に妊娠・出産は健康保険が適用されず、妊婦健診や出産費用などで50万円〜100万円程度のお金がかかると言われています。
しかし、全てが自己負担というわけではなく、公的な補助を受けられます。
ここでは妊娠・出産に関する公的な制度について紹介します。

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314

2022年8月17日

相続対策は万全?8つのチェックポイント



◆相続について考えたことがない
相続はいつか必ず発生する問題です。
先送りにせず、まずは情報収集から始めましょう。

◆万が一の場合、家族が使える現金の準備ができている
相続が発生すると葬儀代などまとまった出費が必要になります。
相続が発生すると故人の銀行口座は凍結されてしまいます。
家族が引きだせる現金があるか、もしくは生命保険等の保険金があると安心です。

◆自分の相続財産を把握している
まずはどこにどのような財産があるか全て把握することが大切です。
財産の多い少ないにかかわらず遺産分割の問題が発生する可能性があります。
また、相続税がかかる可能性もあります。

◆相続税の計算や申告・納付の手続きを知っている
相続税の申告・納付期限は、「相続発生の翌日から10か月以内」となっています。
それまでにスムーズに手続きができるような準備が必要です。
納税資金の準備も重要です。

◆保有している財産の大部分が不動産である
不動産は分割の難しい財産です。
相続人が複数いる場合、相続人がもめないような対策をすることが重要です。

◆相続にあたって、誰にどの財産を渡すか決まっている
まずは相続財産の分割についての意思を固めることが大切です。
被相続人の意思がなく、遺産分割協議において相続人同士の意見が食い違うと、トラブルの原因になります。
被相続人の意思を実現するためには生前のうちに相続人に自分の意思を伝える、遺言を残すなどの対策が重要です。

◆遺産分割が円滑に進むように遺言を準備している
相続人の不公平感や遺留分の問題を回避できるような対策が必要です。
また、遺言が法的に無効にならないように、不備の無いようにしましょう。

◆相続対策のために生命保険を活用している
生命保険は相続対策に関して、非課税枠の活用、確実に財産を特定のひとに渡せるなど、いろいろなメリットがあります。
専門家に相談して検討しましょう。


◆困ったら専門家に相談を
保険相談サロンFLPでは、無料で税理士や相続診断士に相談できる「あんしん相続サポート」というサービスを行っています。

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314