保険相談サロンFLP/ショップニュース

2024年5月18日

相続対策は万全?8つのチェックポイント


◆相続について考えたことがない
相続はいつか必ず発生する問題です。
先送りにせず、まずは情報収集から始めましょう。

◆万が一の場合、家族が使える現金の準備ができている
相続が発生すると葬儀代などまとまった出費が必要になります。
相続が発生すると故人の銀行口座は凍結されてしまいます。
家族が引きだせる現金があるか、もしくは生命保険等の保険金があると安心です。

◆自分の相続財産を把握している
まずはどこにどのような財産があるか全て把握することが大切です。
財産の多い少ないにかかわらず遺産分割の問題が発生する可能性があります。
また、相続税がかかる可能性もあります。

◆相続税の計算や申告・納付の手続きを知っている
相続税の申告・納付期限は、「相続発生の翌日から10か月以内」となっています。
それまでにスムーズに手続きができるような準備が必要です。
納税資金の準備も重要です。

◆保有している財産の大部分が不動産である
不動産は分割の難しい財産です。
相続人が複数いる場合、相続人がもめないような対策をすることが重要です。

◆相続にあたって、誰にどの財産を渡すか決まっている
まずは相続財産の分割についての意思を固めることが大切です。
被相続人の意思がなく、遺産分割協議において相続人同士の意見が食い違うと、トラブルの原因になります。
被相続人の意思を実現するためには生前のうちに相続人に自分の意思を伝える、遺言を残すなどの対策が重要です。

◆遺産分割が円滑に進むように遺言を準備している
相続人の不公平感や遺留分の問題を回避できるような対策が必要です。
また、遺言が法的に無効にならないように、不備の無いようにしましょう。

◆相続対策のために生命保険を活用している
生命保険は相続対策に関して、非課税枠の活用、確実に財産を特定のひとに渡せるなど、いろいろなメリットがあります。
専門家に相談して検討しましょう。

◆困ったら専門家に相談を
保険相談サロンFLPでは、無料で税理士や相続診断士に相談できる「あんしん相続サポート」というサービスを行っています。

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314

2024年5月17日

火災保険は空き家になっても必要って本当?


日本の空き家率は現在13.6%で、昭和33年以降増加し続けています
(総務省統計局「平成30年住宅・土地統計調査」)。

空き家総数は848万戸で、5年前に比べ、29万戸も増加しており、
今後も増えると予測されます。

一般的に、人が住んでいない家や住人のいない家などを空き家といいます
。ただ、一口に空き家といっても下記のように、状況は様々です。

・親から相続した一軒家、住める状態だが、マイホームはあるので誰も住んでいない

・賃貸するつもりでいるのに借り手がつかず、家や部屋が空いたままになっている

・ぼろぼろの空き家で住める状態ではないが、壊すのもお金がかかるため放置してある


空き家の状況は様々ですが、多少なりとも資産性があるのであれば
火災等の災害によるリスクから財産を守るため火災保険は必要でしょう。

空き家に火災保険をかける場合「住宅物件」ではなく
「一般物件」としての契約になる可能性があります。
「一般物件」の場合、「住宅物件」よりも保険料が高くなります。


下記のような場合には住宅物件とみなされることが一般的です。

・一定の季節や時期のみに住居として住む建物(別荘)

・賃貸物件で賃借人が退去して一時的に空き家になった

・空き家ではあるが、家財があって管理のために定期的に寝泊まりすることがあり、
住居としての機能が維持されている建物


このように、今後も引き続き住居として使用することが予定されているなら、
住宅物件として契約できるものと考えられます。

ただし、個別の事情で保険会社の判定も変わりますので確認が必要です。

また、「廃屋同然で人が住める状態ではない」など、
状況によっては火災保険の引き受けを断られる可能性もあります。

保険相談サロンFLPでは、無料で複数保険会社の火災保険をお見積りすることが可能です。
この機会にぜひお気軽にご来店くださいませ。

2024年5月16日

がんを防ぐためのポイント


こんにちは。
保険相談サロンFLPでございます。

がんを予防するには、禁煙をはじめとした生活習慣改善が重要です。

ここでは、がんを防ぐためのポイントを紹介します。

①たばこは吸わない
他人のたばこの煙をできるだけ避ける
たばこは肺がんだけでなく、胃がん・膵臓がん・子宮頸がんなど多くのがんリスクを上げます。
また、吸っている本人だけでなく、周囲にも健康被害をもたらしますので、配慮が必要です。

②お酒はほどほどに
飲酒は食道がん、肝臓がん、大腸がんをはじめとしたがんのリスクを上げます。
一方で、ある程度の量であれば、心筋梗塞や脳梗塞のリスクを下げる効果があることが知られています。
飲むなら、節度のある飲酒が大切です。休肝日を作ることも大切です。

③バランスのとれた食生活を
摂取しすぎるとがんのリスクを上げる可能性がある食品中の成分、
あるいは調理・保存の過程で生成される化学物質などがあります。
そのようなリスクを分散させるためにも、バランスのよい食事を心がけましょう。

④がんのリスクを上げる可能性のある成分や化学物質
・肉や魚の焼けこげに含まれるヘテロサイクリックアミン
・ハム、ソーセージ、漬物などの保存食品に含まれるニトロソ化合物など
・輸入ナッツや穀類に混入することのあるアフラトキシンというカビ毒(食品衛生法により規制)

⑤塩辛い食品は控えめに
塩分の摂取量を抑えることは、日本人で最も多い胃がん予防に有効であるのみならず、
高血圧を予防し、循環器疾患のリスクの減少にもつながります。

⑥野菜や果物は不足にならないように
野菜・果物は食道がんや胃がんなど一部のがんで予防の効果があります。
一方、赤肉(牛・豚・羊の肉など)や保存・加工肉の摂取は大腸がんのリスクを
上げる可能性があるので、週に500gを超えないようにしましょう。
また、飲食物を熱い状態でとることが食道の炎症やがんを
引き起こす可能性がありますので注意しましょう。

⑦適度に運動
身体活動が高いと、がんのみならず心疾患や糖尿病のリスクも低くなることから、
死亡全体のリスクも低くなることが知られています。
身体活動量を保つことは、健康で長生きするための重要な要素です。

⑧適切な体重維持
肥満とがんとの関係は、欧米とは異なり、日本人においてはそれほど強い関連がないことが
示されています。むしろ、やせによる栄養不足は免疫力を弱めて感染症を引き起こしたり、
血管を構成する壁がもろくなり、脳出血を起こしやすくしたりすることも知られています。

⑨ウイルスや細菌の感染予防と治療
下記のウイルスや最近に感染しているとがんのリスクが高まります。
定期的に検査を受けるようにしましょう。

⑩肝炎ウイルス
B 型・C 型肝炎ウイルスに感染した人は、肝臓がんになりやすいといわれています。
・ヘリコバクターピロリ菌
ヘリコバクターピロリ菌は、胃がんの発生の重要な因子の一つと考えられています。
特に、日本人中高年の感染率が非常に高いことがわかっています。

[監修:公益財団法人 朝日生命成人病研究所]

・ヒトパピローマウイルス
ヒトパピローマウイルスは、性交経験のある女性のほとんどが一生に一度はHPV に
感染することが分かっています。
多くの場合、ヒトパピローマウイルスは自然に消えるといわれていますが、
感染した細胞が子宮頸がんに進行する可能性があります。

⑪定期的ながん検診
1年または2年に1回定期的に検診を受けましょう。
検診は早期発見に有効で、前がん状態も発見できます。

⑫身体の異常に気がついたら、すぐに受診
やせる、顔色が悪い、貧血がある、下血やおりものがある、咳が続く、食欲がない、
などの症状に気がついたら、かかりつけ医などを受診しましょう。


★正しい情報でがんを知る
科学的根拠に基づくがん情報を得て、あなたに合ったがんの予防法を身につけましょう。

(出典)がん研究振興財団 がんを防ぐための新12か条

★いざというときのためのがん保険
がんになってしまったとき、治療費などの経済的な負担をカバーするのががん保険です。

保険相談サロンFLPでは、無料で何度でもがん保険の相談をすることが可能です!

色々な保険会社から比較検討できますので、気になった方はお問い合わせくださいませ!!

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314

2024年5月15日

どんな場合に保険相談した方がいいの?


■保険相談をするタイミングとは?

生命保険や損害保険は様々なリスクに対して経済的なカバーをするための金融商品です。
生命保険や損害保険を検討し加入するタイミングはライフイベント(結婚・出産・転職・退職など)が発生したタイミングなどを中心に人生において数多くあります。

保険を検討し加入する場合、保険の考え方や保険商品の知識がわからないことが多く、保険のプロに相談をする場合がほとんどです。

では、どんな場合に保険相談をしたほうがいいのでしょうか?

★保険相談キャンペーン★(7月31日まで)


期間中、当店で初めて保険相談をしていだいたお客様に
新百合ヶ丘エルミロード3F倉敷珈琲店で使える500円分チケットをプレゼントいたします♪


今入られている保険のお見直し、昔入った保険がどのような内容だったか忘れてしまったなど、
是非この機会にお気軽にご相談くださいませ♪


※サービスに必要な所定のお時間をいただけない場合はキャンペーン対象外となります。
※当店を初めてご利用の方に限ります。
※各世帯1回限りのプレゼントとなります。
※新百合ヶ丘エルミロード内の倉敷珈琲店のみ使用可能です。

2024年5月14日

主婦に保険はいらないの?


こんにちは。
保険相談サロンFLPでございます。

みなさんはご家族でどんな保険に入られているか把握されていますか?
ご家庭をお持ちの方なら、一家の大黒柱であるご主人様の保険は手厚くされている方が多いのではないでしょうか。

では奥様の保険はいかがでしょう?
「生命保険は夫が入っているから大丈夫」
「専業主婦だし、保険はいらない」
そんなお話をたびたび耳にします。

ですが、そんなことはありません!
病気になった場合の治療費に、基本男女の格差はありません。
特に大病、三大疾病(がん・脳卒中・心筋梗塞)になった場合、
治療には時間とお金がかかってきます。

そのうえ家事が思うようにできなくなってしまうため、
誰かの力を借りないと生活できなくなる可能性があります。

最近は若い方でも乳がんや、子宮がんを患う方もいます。
治療費+αでの大きなお金が必要となる場合がありますので、
これをカバーしてくれる保障は必要になるでしょう。

子育てをしながら、資産を準備している段階で大きな病気にかかって
しまうことは、大きな経済的リスクが潜んでいると言えます。

奥様に万が一のことがあった場合、、、
ご主人が家事、育児、そして仕事をすべてこなすことは容易ではありません。
そんな万が一に備えて負担をカバーできる保険の検討はとても大切なんです。

お客様に合った保険をプロが無料でアドバイスさせていただきます。
ご自身のため、ご家族のためにもぜひご検討ください。
ご相談は何度でも無料です!


お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314


2024年5月13日

がん悪性新生物(悪性腫瘍)と上皮内がん(上皮内新生物)の違い


こんにちは、保険相談サロンFLPでございます。

がんには2種類あり悪性新生物(悪性腫瘍)と上皮内がん(上皮内新生物)とがあります。
上皮内がんとはどのような病気なのでしょうか。がんとはどのように違うのでしょうか。

【悪性新生物とは】
がん(悪性腫瘍)は腫瘍が基底膜をさらに進んで他の組織に浸潤しているがんのことをいいます。
リンパ液や血液にのってがん細胞が運ばれ多臓器へ転移する可能性も考えられます。

【上皮内がんとは】
上皮内がん(上皮内新生物)とは腫瘍が上皮(粘膜層)内にとどまっており基底膜以降の組織に浸潤していない状態のがんのことをいいます。
上皮内がんは治療を行えば転移や再発の可能性はほとんどないと言われています。

【がんと上皮内がんとではがん保険の保障が異なる場合も】
上記の通り上皮内がんは完治の可能性が、がん(悪性腫瘍)よりも高いことがわかります。
そのため、がん保険では、がん(悪性腫瘍)と上皮内がんとでは保障内容が異なることがあります。
例えば診断一時金の場合がんのときは100万円、上皮内がんのときは10万円といった具合です。

また保険会社の商品よっては上皮内がんが保障の範囲に入っていないものもあるのでよく内容を確認しましょう。

保険相談サロンFLPでは、がん保険を複数保険会社から無料で見積もり/保険選びをスムーズに進めるために当社に相談してみてはいかがでしょうか。

2024年5月12日

眠っている資産、有効活用しませんか?


保険相談サロンFLP 新百合ヶ丘エルミロード店です♪ 


○退職金や老後資金を上手に運用したい
○貯蓄性も備えた保険に加入したい
○相続対策を考えている


    という方…こんな商品はご存知ですか?

「一時払終身保険」 
  保険料の払い込みを1回で終える終身保険

特徴
(1)告知が簡単で加入やすい
(2)一定期間後に解約すると、払込保険料よりも
   解約した場合に契約者に払い戻される金額が上回る
(3)死亡保険金の非課税枠をつかうことで相続税の
   課税対象財産を減らすことができ、相続対策に向いている
(4)終身保険のため、いつ相続が発生しても対応できる


どのくらい大きな保障が持てるのかな?運用でどのくらい増えるの?
相続税対策ってどういうことだろう?
など些細なご質問もぜひお気軽にお尋ねください!
実際に試算しどのくらいになるのか見ていただくこともできます♪

気になる方や加入を検討している方はぜひご相談ください!


お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314

★保険相談キャンペーン★(7月31日まで)


期間中、当店で初めて保険相談をしていだいたお客様に
新百合ヶ丘エルミロード3F倉敷珈琲店で使える500円分チケットをプレゼントいたします♪


今入られている保険のお見直し、昔入った保険がどのような内容だったか忘れてしまったなど、
是非この機会にお気軽にご相談くださいませ♪


※サービスに必要な所定のお時間をいただけない場合はキャンペーン対象外となります。
※当店を初めてご利用の方に限ります。
※各世帯1回限りのプレゼントとなります。
※新百合ヶ丘エルミロード内の倉敷珈琲店のみ使用可能です。

2024年5月11日

時代とともに変わるがん治療!ご加入中の保険でカバーされていますか?


こんにちは。
保険相談サロンFLPでございます。

昨今、テレビや雑誌などで取り上げられる事が多い「がん治療」。
万が一「がん」と診断された時、治療への備えは大丈夫でしょうか?

そもそも、がん保険というのは約30年前に大手保険会社などで取り扱いが増加し、
契約時の保険料も安く、ご家族までカバーされているような商品も販売されていました。
今回は、当時加入した保険で現在のがん治療に備えられるかを考えていきましょう!

★診断給付金
 以前は、診断されたら○○万円という保障は1回限りとなっており、
 再発や転移の可能性がある「がん」と闘っていくにはリスクがありました。
 現在では、1~2年に1回を目安に複数回保障されるものが主流ですので、
 長い人生の中でも複数回の診断給付があれば、より安心かもしれません。

★通院
 以前の保険では「○○日以上の継続入院があった場合」などの条件が設けられており、
 短期入院化が進んでいる現在においては、放射線や抗がん剤治療なども
 通院で行なっていく事が増え、長期間の入院は少なくなりました。
 その為、現在の通院保障は継続入院の条件がないものがほとんどですし
 通院でのがん治療に備えておく事も重要となります。

★「がん」のみに備える?
 これまでは、がん保険などで「がん」に対して重点的なカバーが主流でしたが
 今では「急性心筋梗塞」や「脳卒中」を含む、三大疾病まで保障範囲を広げた商品や
 三大疾病に生活習慣病を加えた七大疾病の保障なども販売されています。

 特に「心臓」や「脳」に関しては、その後の生活にも影響する可能性がありますので、
 一緒にご検討いただく事をオススメ致します。

ご加入中の保険がどこまで保障されているのか、また新たに検討される場合は
どんな備えが必要であるかをしっかりとご案内させていただきます。

★保険相談キャンペーン★(7月31日まで)

期間中、当店で初めて保険相談をしていだいたお客様に
新百合ヶ丘エルミロード3F倉敷珈琲店で使える500円分チケットをプレゼントいたします♪

今入られている保険のお見直し、昔入った保険がどのような内容だったか忘れてしまったなど、
是非この機会にお気軽にご相談くださいませ♪

※サービスに必要な所定のお時間をいただけない場合はキャンペーン対象外となります。
※当店を初めてご利用の方に限ります。
※各世帯1回限りのプレゼントとなります。
※新百合ヶ丘エルミロード内の倉敷珈琲店のみ使用可能です。

2024年5月10日

持病があっても入れます!


こんにちは!
保険相談サロンFLP新百合ヶ丘エルミロード店です。

今回は持病をお持ちの方でもご加入いただける緩和型医療保険についてご紹介します。

引受基準緩和型医療保険とは、健康状態の告知内容を限定することで、持病や過去に病気をしたことのある人でも加入しやすくした医療保険です。

「過去に病気になってしまった」など健康上の理由で一般の医療保険に加入できない人が加入できる可能性があります!

お気軽にご相談ください!!

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314

★保険相談キャンペーン★(7月31日まで)

期間中、当店で初めて保険相談をしていだいたお客様に
新百合ヶ丘エルミロード3F倉敷珈琲店で使える500円分チケットをプレゼントいたします♪

今入られている保険のお見直し、昔入った保険がどのような内容だったか忘れてしまったなど、
是非この機会にお気軽にご相談くださいませ♪

※サービスに必要な所定のお時間をいただけない場合はキャンペーン対象外となります。
※当店を初めてご利用の方に限ります。
※各世帯1回限りのプレゼントとなります。
※新百合ヶ丘エルミロード内の倉敷珈琲店のみ使用可能です。

2024年5月9日

初めての資産形成


こんにちは。
保険相談サロンFLPでございます。

当店はライフプラン全般のご相談を承っておりますが、
最近特に多いのが「資産形成」についてです。

これまでは「お子様が生まれたので教育費を準備したい」
というタイミングでご相談される方がほとんどでしたが、

「自分の将来のための準備を始めたい」
「もうすぐ定年だけど、いまからでも準備できるのか?」
という「自分のため」のご相談も増えてきました。

今はネット記事、ニュース等々、
いろいろな所で投資・運用の情報を見ることができるので、
調べ始めたはいいが「余計わからなくなってしまった」とご相談に来られる方も・・・

そんなお悩みををお持ちの方は、ぜひ一度当店にご相談ください!

資産形成について、
 相談実績豊富なファイナンシャルプランナーが
 今までの経験を基に
おひとりおひとりに合った準備を一緒に考えさせていただきます。

ご相談後の強引な勧誘は一切ありません
安心してお問い合わせください。

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314