保険相談サロンFLP/ショップニュース

2022年11月2日

平均寿命と健康寿命


今回は「平均寿命と健康寿命」ついてお伝えします。

平均寿命とは人間が平均どれくらい生きていられるかの数値です。
日本人男性で81歳、日本人女性で87歳くらいでしょうか。

一方健康寿命とは「健康上の問題で、日常生活が制限されることなく生活できる期間」
と定義されており、平均寿命より短い年数となります。

それでは平均寿命と健康寿命との差は何なのでしょうか。

実は「健康ではない期間」を意味し、何らかの形で医療費、介護費用がかかっていることが
予測されます。

年齢を重ねてから、これらの費用がかさんでくることも考えられますので、
今から対策をしておくのも重要なことかもしれませんね。

FLPではお客様に必要な保障は何かということを明確にし、生活に欠かせない保険を、丁寧に分かりやすくご説明いたします。

オンライン相談も可能です!
皆様のご予約、ご来店心よりお待ちしております!

【電話でのご予約はこちらから】
0120-460-314

2022年11月1日

【教育資金準備】学資保険・預貯金・投資信託を3ポイントで比較!


金融商品には預貯金、保険、債券、株式、投資信託など様々な商品があります。

学資保険・預貯金・投資信託の3つの商品を『安全性』『収益性』『流動性』で比較しながらみていきましょう。

お子様の教育費のお悩みを無料で手軽にシミュレーションできるサービスもございます。
教育費シミュレーションは簡単30秒で出来ますので是非、ご活用ください!


お待たせすることなくご案内するために、
ご来店の際は、お電話やWEBでご予約くださいませ。

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314

2022年10月31日

個人年金保険とは?


個人年金保険とは、老後の生活資金の積立を目的とした保険です。
公的年金制度で不足する部分をカバーする目的で加入するのが一般的です。

保険料払込期間に年金原資を積み立て、年金受取期間になると所定の年金受取が開始します。
保険料払込期間中に死亡した場合は、既払込保険料相当額が遺族に支払われます。
死亡時よりも生存時の保障を重視した保険と言えます。

個人年金保険のメリットを3点ご紹介します。
(1)確実な積み立て
個人年金保険は保険ですので、保険料は毎月自動引き落としかクレジットカードで支払うことになり、確実に積み立てをすることができます。
ただ、普通預金と違い、簡単に引き出すことができません。

(2)銀行の普通預金よりも高い運用利率
現在の銀行の普通預金はほとんど利息が付きません。
個人年金保険は普通預金よりは高い利率で運用されるので、年金原資を効果的に増やすことが期待できます。

(3)税金上の優遇がある
個人年金保険の保険料は個人年金保険料控除の対象となり、一定額が所得から控除できます。
会社員であれば年末調整で、自営業者であれば確定申告で税金の還付を受けることができます。

このようなメリットがある一方で、途中解約リスクや、確定型の個人年金保険の場合インフレに弱い等のデメリットもあります。

当店では個人年金保険も各社取り扱いがございます。
詳しく話を聞きたい!個人年金保険料控除を活用したい!という方はぜひ当店までお気軽にご相談ください。

2022年10月30日

眠っている資産...有効活用しませんか?


眠っている資産…有効活用しませんか?
  
○退職金や老後資金を上手に運用したい
○貯蓄性も備えた保険に加入したい
○相続対策を考えている
   という方…こんな商品はご存知ですか?

「一時払終身保険」 
  保険料の払い込みを1回で終える終身保険

特徴
(1)告知が簡単で加入やすい
(2)一定期間後に解約すると、払込保険料よりも
   解約した場合に契約者に払い戻される金額が
   上回る
(3)死亡保険金の非課税枠をつかうことで相続税の
   課税対象財産を減らすことができ、相続対策に
   向いている
(4)終身保険のため、いつ相続が発生しても対応
   できる

気になる方・加入を検討している方は
是非お気軽にご相談ください。

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314

2022年10月29日

がんにかかったのにがん保険がおりないことはありますか?


こんにちは。保険相談サロンF.L.P新百合ヶ丘エルミロード店です。

本日はがん保険についてのお話です。

がんにかかったのにがん保険の給付金がおりないことはあるのでしょうか。
がん保険に加入していれば、すべてのがんで保障されるのでしょうか。

◆ がんには2種類ある
がんには2種類あります。一般的にいうがん(悪性腫瘍)と上皮内がんです。
・がん(悪性腫瘍)
がん(悪性腫瘍)とは、腫瘍が基底膜をさらに進んで他の組織に浸潤しているがんのことをいいます。
悪性腫瘍のほとんどは無治療のままだと全身に転移して患者を死に至らしめるとされています。
・上皮内がん
上皮内がん(上皮内新生物)とは、腫瘍が上皮(粘膜層)内にとどまっており、基底膜以降の組織に浸潤していない状態のがんのことをいいます。
上皮内がんは、治療を行えば転移や再発の可能性はほとんどないといわれています。

◆上皮内がんでは給付金がおりないがん保険もある
がん保険では、がん(悪性腫瘍)と上皮内がんとでは保障内容が異なることがあります。
例えば、診断一時金の場合、がんのときは100万円、上皮内がんのときは10万円、といった具合です。
また、保険会社の商品よっては上皮内がんが保障の範囲に入っていないものもあります。

がん保険にご加入中の方は、保険証券をお持ちいただくと、スタッフが保障内容の解説をいたします。
確認、ご相談だけでも大丈夫です!ぜひお気軽にご相談くださいませ。
ご来店、ご予約お待ちしております。

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314

2022年10月28日

同じ保険商品はどこで加入しても同じ保険料?


保険は様々な窓口から加入することができます。
同じ保険商品はどこで加入しても同じ保険料なのでしょうか。

◆同じ保険商品であればどこから加入しても同じ保険料
保険商品は法律により値引き等が禁じられているので同じ保険商品であれば
どこから加入しても同じ保険料になります。
保険会社の営業から加入しても、保険代理店から加入しても、ネットで加入しても保険料は同じなのです。

◆どこから加入するか
保険は加入してからも給付手続きや住所変更といったアフターフォローの必要な商品です。
ライフイベントがあれば保険の見直しも必要になります。
加入時だけでなく、その後も考えて自分に合った加入方法を選びたいものです。
ほとんどの相談窓口が相談無料ですので相談してみて検討するのも良いでしょう。

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314

2022年10月27日

保険選びは子どもが生まれた時にこそ必要?本当に必要な保険を考えよう


子どもが生まれたとき、とっても幸せな感情と共に、親になった責任感を感じたのではないでしょうか。
親として、どのように保険を考えればよいのでしょうか。

◆まず思いつくのは「学資保険」
多くの場合、子どもの将来のことを考えて、教育資金を備えるために、「学資保険」を考え始めます。
確かに学資保険は必要ではあるかもしれませんが、その前に考えておくべきことがあります。

◆死亡保障の見直しが必要
子どもが生まれると、家族の収入を担う世帯主が死亡した時の残される家族の生活資金の保障が必要になります。
独身時代や子どもがいない時に入った保険では、保障の額が足りなくなる場合が多く、その為に保障の見直しが必要となります。

◆医療保険を考える
死亡だけが家族の生活を脅かすリスクではありません。親が病気にかかることもリスクとなります。
入院時の治療費の保障として医療保険があります。

◆医療保険ではまかなえないリスク
大きな病気にかかり入院、のちに退院後も療養のために仕事を休まねばならない、といった場合の収入減についても考える必要があります。
退院後、死亡していないが、大病で治療費がたくさんかかり、また仕事を休まねばならないので収入も減ってしまう。 こんな時に一番、お金に困ってしまうのです。
医療保険は基本的に入院に対しての保障ですので、退院後の収入減のリスクに対しては、他の保険を検討するとよいでしょう。
所得補償保険や三大疾病保険などがあります。

◆家族の将来を考える
このように、様々な経済的なリスクに対してひとつひとつ考えていくことが大切です。
家族構成や、現在の生活費、お子様の教育プランによっても必要な保障額は変わりますので
今後の家族の将来について、夫婦で思い描くことが必要です。
その中で起こりうる経済的なリスクに対して準備をしていき、そのうえで子どもの為に上手に貯蓄をしていきましょう。
経済的なリスクはいつやってくるのでしょうか…。
当然、いつやってくるかは分かりませんので、子どもが生まれたら、早目の準備が必要です。

ご来店、ご予約お待ちしております!

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314

2022年10月26日

火災保険に水災の補償をつけるのはアリ?ナシ?


●水災とは
火災保険でいう「水災」とは、台風・暴風雨・豪雨による洪水、融雪洪水、高潮、土砂崩れなどをいいます。
近年は大型台風やゲリラ豪雨の発生が増えており、水災による被害への備えの必要性は大きくなっているといえるでしょう。

●水災の補償を受けられる条件
水災の補償を付ければ、下記のいずれかの場合、保険金を受け取ることができます。
•水災により、建物または家財それぞれの時価の30%以上の損害が発生した
•床上浸水により損害が発生した
•地盤面から45cmを超える浸水による損害が発生した

●水災の補償を付けるかどうかは選べる
ほとんどの火災保険の場合、水災の補償を付けるかどうかを契約時に選べます。
当然、水災の補償を付けたほうが保険料は高くなります。
水災の補償を付けるかどうかはお住まいの地域の水災リスクを考慮して決めるとよいでしょう。

●水災リスクを確認して補償を決める
自分が住む地域の水害に対するリスクがどの程度あるのか、把握するには各自治体が発行している「ハザードマップ」が有効です。
あとは
•海や河川が近くにあるかどうか
•家が高台にあるかどうか
•家の近くに土砂崩れが起きそうな斜面があるかどうか
•マンションの場合、専有部分の階数
なども参考に検討しましょう。
火災保険にこれから加入する方は水災リスクを考慮したうえで、水災の補償を付けるかどうかを決めるとよいでしょう。
火災保険に加入済みの方は、改めて自分が加入している火災保険で水災が補償されるか確認しておきましょう。


当店では複数保険会社の火災保険をお見積りすることが可能です。
火災保険加入中の方は、保険証券をお持ちいただくと、スタッフが現状のプランと新しいプランを比較しながら補償内容等の解説をいたします。

お気軽にお問合せくださいませ。
ご来店、ご予約お待ちしております。

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314

2022年10月25日

あなたは生命保険の見直しが必要?10のチェックポイント


生命保険は入ったら終わりではなく、ライフプランの変り目など、適切なタイミングで見直しをすることが必要になります。
あなたが今入っている保険は、あなたに本当に合っているでしょうか?
次のチェック項目に一つでも当てはまる場合は保険の見直しの時期かもしれません。

(1)保険料を安くしたい
(2)加入中の生命保険の内容がわかっていない
(3)結婚した
(4)子どもが生まれた
(5)住宅を購入した
(6)子供が独立した
(7)離婚した
(8)定年退職した
(9)老後資金が不安
(10)相続対策が気になる

世の中に溢れすぎている保険。
何が必要でどれが自分に合っているのか、選ぶのはとても大変なこと。
FLPではお客様に必要な保障は何かということを明確にし、生活に欠かせない保険を、丁寧に分かりやすくご説明いたします。

ご来店、ご予約お待ちしております。

お電話でのご予約はこちらから
0120-460-314

2022年10月24日

がんによる収入減少、どんな保険で備えるべき?


働いて収入を得ている方は、がんになった時の備えにはがんの治療費だけではなく、
働けなくなった場合や収入が減った場合のことも考えておく必要があります。

ここでは、がんによる収入減少に対して備える保険を紹介します。

がんにかかった場合、異動や休職、転職、退職など何らかの形で就労状況が変わり、収入が減ってしまう可能性があります。
東京都の調査によると、がん罹患後、「個人の収入が減った」という人は56.8%に上ります。

一方、支出についてですが、治療費などで増えることはあっても減ることはほとんどないでしょう。
日々の生活にかかるお金や子どもの教育にかかるお金など、がんになっても変わらずに必要となります。
特に、住宅ローンが残っている、子どもの教育費がかかってくる、といった働き盛りの世代の大黒柱の方ががんになってしまったケースでは、何も備えがないとなると本当に切実です。


【がんにかかってしまい、収入が減るリスクに対して備えることができる保険を紹介します。】
①がん保険
がん保険のがん診断給付金は、がんと診断された時点で一時金が支払われる給付金で、がん保険の基本保障の一つです。
一括で支払われたお金を治療のためだけでなく、生活を守るための収入の補てんにすることもできます。

②生前給付保険(三大疾病保険)
三大疾病(特定疾病)保険とは、三大疾病(がん、脳卒中、心筋梗塞)により所定の状態と診断された際に、一括で保険金が支払われる保険です。
一括で支払われたお金を、治療のためだけでなく生活を守るための収入の補てんにすることもできます。

③就業不能保険/所得補償保険
病気やケガによって働けない状態になった場合に、毎月、給与のように給付金が支払われます。
※「働けない状態」という基準は保険会社によって異なりますので確認が必要です。

④住宅ローンの保険
住宅ローンを組む時に契約する「団体信用生命保険」には、三大疾病(がん、脳卒中、心筋梗塞)により所定の状態と診断された際、住宅ローンの支払いが免除されるタイプがあります。


がんに備える保険だけでもこれだけの種類がございます。
また、どれが1番ということはなく、お客様の状況にあったものを選ぶ必要があります。

弊社ではお客様の状況を伺ったうえで、最適な保険をご案内しております。
ご相談は無料ですので是非一度ご相談ください。